2000年以上前から食肉として、エトルリア時代、ローマ時代から愛されているもっとも大きな牛のひとつ、キアニーナ牛がのんとろっぽに来ています。

(写真はwikiより拝借)

何年か前36時間ほどかけて(飛行機飛ばなかったから振替え振替えでフィレンツェまで36時間・・・)、最初に行ったレストラン(ただしくはトラットリア)、ソスタンツァ。地元のテーラーや靴職人さんも通う炭で調理する名店です。(アルバムを写真撮ってて見づらくてすみません・・・)

そこで食べたビステッカ・アッラ・フィオレンティーナが忘れらないおいしさでした。

ずっと長い間門外不出だったのですが昨年くらいから日本にも入ってくるようになり、今回みんなにおいしさをお伝えしたいとかなり高額なのに無理して取っちゃいました!

のんとろっぽ的にはかなり久しぶりのおう輸入肉。もちろん純血種でIGP(産地呼称制度のひとつ)

農場の名前はサン・ジョッベ。あっ!HPある!日本語ページも充実!お金かかってる~!

https://www.agricolasangiobbe.it/ja/

いいとこだね~!イタリアでもものすごく高価でびっくりしたのを覚えています。

かなり量を食べても軽いのに、旨みが縦に伸びていく、おいしいリムジン牛(リムジンくらい高価で大きいという意味だったっけ?)です。

トスカーナの風を思い出すなぁ~

食べてね♡