明日はバレンタインですね。

チョコレートを乳化させて「トリュフチョコ」を作っています。

トリュフチョコレートの由来は見た目がトリュフに似ていること、そしてトリュフのようにおいしいということからですが、のんとろっぽのバレンタインチョコはダメ人間製造「おトリュフチョコ」です(爆)

見た目は四角い普通のチョコレートですがなんて言っても本当に「おトリュフ様」を入れちゃっています(爆)

お気に入りの地中海フーズさんのイナウディ社。世界中の星付きレストランも愛用しているメーカーです。(ちなみに時々デパートや千歳烏山だとスーパーシミズヤやうちの向かいのカルディでもドライトマトやカラスミパウダー、ドライポルチーニなどを少量パックで売っていることがあるのでぜひ!おすすめです!本当おいしい)

ここの最高品質の「白トリュフオイル」をいれて、マコちゃんもお気に入りのヴァローナ社のEXビターチョコの生地に入れます。

くちどけをなめらかにするために空気を入れないようにきれいに乳化させ、そしてゆっくり冷やすことで再結晶化が綺麗になります。

「おトリュフチョコ」に脳が破壊されたある方はのんとろっぽの「おトリュフチョコ」を目の前にして、我慢できずに奥様の分まで食べていました(笑)自分の分を食べ終えた後、「おいしいなぁ~」とナチュラルに奥様の分に手をかけてパクっと(爆)ビックリしました。。。。。

やはりトリュフはダメ人間製造キノコですね。やめられないんだ・・・・(笑)みなさま中毒になってください(笑)

 

それからもうひとつのチョコレートはホットチョコレートです。ホットチョコレートはチョコレートの悦びの最初の形の一つであります。→「チョコレートっていう飲み物

ホットチョコレートにピエモンテで食べたメレンゲのお菓子を添えてお出しします。甘いメレンゲに甘くない上質な生クリームをはさんで食べるの。カリっとシュワとろでなぜか懐かしいお菓子。幸せになります。

もちろんこれだけでもおいしいし、お酒がお好きな方はウィスキーやコニャック(塩田おすすめ)、それからブルゴーニュのおいしいカシスリキュール(ビオでつくられていて香りも複雑、本当においしくて大好き)のチェイサー(お酒といっしょに飲む飲み物)としてもおすすめです♡ どうぞ召し上がれ♡