シェフ吉川ブックカバーチャレンジ2日目です。

⚪︎好きな本を1冊ずつ、7日間投稿する
⚪︎本の説明なし
⚪︎表紙写真
⚪︎作者 ミシェル・ブラ
⚪︎出版社 柴田書店
⚪︎指名された方と、指名する方をタグ付け
⚪︎スルーOK, 次の指名も気分次第で

音楽や絵画など芸術へのあこがれは尽きることはありません。もちろん、料理だってその一部としてありたいものです。

料理って結局自然への賛歌なんじゃないかな、と思います。

2日目の本は悩んだ時に読む本。「ミシェル・ブラの世界」

尊敬する自然と生きる料理人ミシェル・ブラの本です。今は彼の店は息子にほとんど譲っています。

本の始まりはミシェル・セールの詩から。

〈・・・・おいで、お前に伝え残したいものがある。失われた感覚界、さまざまな世界と玉虫色の躰の間に交わされる内緒話。お前に伝えよう。繊細さ、味や香り、明智。おいで、布の切れ端でまるで衣のように皮ふを作り終わったら、そのあとでお前に言ってあげよう。古びた私のことばの残骸を。死にかけている私の美しい言葉を。・・・・(後略)〉

 

この本は料理本でありながらまるで音楽を奏でるかのように、苔むす香りを嗅ぐような、幼い日の想い出と厳しい冬を乗り越える力とを持っています。

料理の目次も「聴覚」「嗅覚」「悦楽」などの項に分かれています。

色んなことに振り回されないように。

おちついて自分と自然とをまっすぐにね。