いろいろ準備など‥‥バタバタしておりましてとうに出来上がってはいたんですがようやくちとからまちバルのメニューをここへ乗せることができます~(汗)

今回もコース仕立てになっております。

  • プロセッコ × レモンのソルベ (食前酒またはデザートとして)

前にも書きましたが(ズグロッピーノの記事はこちら)これはヴェネチアの食前酒でズグロッピーノという飲み物?シェイク?的なものです。もちろん食前酒でもデザートでもこのジメジメした時期にさっぱりと召し上がっていただけます☆

  • ソーヴィニョン・ブラン × 鮎テリーヌ (前菜)

鮎を肝も骨も丸ごと使ってテリーヌに。ヨーグルトのソースと鮎の青っぽさと苦みがソーヴィニョン・ブランのハーブの香りがマッチ。

  • フィアーノ × アーモンドとトマトのシチリア風ペンネ (パスタ)

アーモンドの世界的名産地シチリア。このアーモンドとトマト、バジリコをつかったシチリアの街、トラーパニの名前がついたペーストでペンネをどうぞ。トマトの赤にバジリコの緑が混ざってこの補色の組み合わせが素敵にグレーっぽい色を作っているのですが(汗)、トマトの酸味とアーモンドの甘さ、ペコリーノチーズの旨みと塩気、バジリコの甘い香りが一体となったおいしいペンネです。フィアーノのナッツぽい香りが寄り添います。

  • テンプラニーリョ × 手羽元とキノコのカリカリコンフィ (肉料理)

個人的にもコンフィという食べ物が好きです。じっくりとオリーブオイルの中で3時間くらい「煮る」んです。ほろほろと煮崩れるくらい「煮たら」仕上げにその油分を落とすようにガリガリにフライパンで焼きます。噛んだら旨みがゼラチン化してじゅわっとしみ出る感じも大好き。セモリナ粉でがりがりにしたキノコもスペインのおおらかさが包んでくれます。

  • シラー × エゾシカのタリアータ (肉料理)

鹿の濃い赤身でベリーのような香り、そしてワインになる前のブドウ液を濃縮したヴィンコットがシラーの胡椒、濃縮した果実味が最高の組み合わせです。

 

明日から頑張って仕込みマス=!!