食品ロス削減推進法が5月24日に成立しましたね。

のんとろっぽはいつだっていい食材を使って皆様に食べていただきたい、やはりおいしさや身体のためになるように、と思うと材料費が高くつきます。

・・・・なのでいっつもロス削減運動なのです。。。貧乏性だし・・。

魚の骨はもちろん、出汁をとるし、ウドのサラダのあと、独活皮きんぴら(のんとろっぽ的に大人気賄いの一つ)ももちろんします。

鴨のソースにはもちろん鴨出汁を取りますが、リゾットなどを炊くようの一番シンプルな鶏だしは最近手羽元で取っているので(非常に澄んでゼラチンが取れるのが特徴)味の抜けた手羽元が大量に出ます(涙)。

ようやく味の抜けた子を食べ終わった頃には次の出汁の取るタイミングになっていて(涙)また味のない子を食べます。

今日も味の抜けた手羽元と大根を煮つけて賄いにします~。(かなり飽き気味)

あとはラビオリなどをつくったときの半端も食べます。乾かして取っとくんです。するとこうなります。

ぺらぺらのパリパリに。(あっ、貧乏っぽいって思った?私も思った(笑))

ミネストローネに入れたり、すいとんの代わりに使ったりしています。

いいのよ!これで!(・・・と自分に言い聞かす…)

 

使い切るとやっぱり「頂いた」感もありますしね。

めんどくさい時も飽きてる時もあるけれどおいしく食べれるように。

ロス失くしましょうね。