世田谷区・千歳烏山のイタリアン「のんとろっぽ」からお知らせ

年明けうれしかったこと

今日も豊洲、行ってきました。外はほんと寒い。

ただ仲卸棟の中は空調が効いているので築地時代の年明けの寒さはありません。

今日はタラの白子や羽生のえぼ鯛など。

顔かわいい。大力さんオススメの子です。かぶとマリネして蕪らづけちっくな前菜か、熊本産の新タケノコと一緒にローストして召し上がっていただきます。

 

市場移転とともに一緒に引っ越しした水神様にもお参りし、今日は築地にも顔を出したので波除神社にもお参りしてきました。

新年恒例のおみくじ。うれしいことに今年も大吉。

「大いなる願望も成就する」

おありがとうございます。頑張って仕事します。

 

そしてもう一つうれしいこと。

年明け早々ちいさなイケメンからお花いただいちゃいました。

「おいしかったから、どうぞ」

びっくりしました~♡ちいさいのに女の子のことをわかってらっしゃる♡惚れてしまうわ~♡

子供ってほんとうに素直でおいしいとむちゃくちゃ食べてくれるんだけどおいしくないと平気で「おえ~っ」とかやるよね(笑)身体にすっと入って素直に「おいしい!」って料理、頑張ります!

さて、そろそろオープンですね~頑張るですヨ~

チョコレートっていう飲み物

おこんちは、ユリ・ゲラーになった吉川さんです(爆)

出勤時店のカギを開けようとしたら刺さった状態でカギがぱっきりきれいに折れて開けられなくなってしまいました。まさかのスプーン曲げを通り越してスプーン折りでもなく、カギを折ってしまい職業替えを悩んでいます(笑)

年始のバール営業も終わり、通常営業に戻ってまいりました。ワタクシ的には年始はお客様のお誕生日が続けてあるのであふあふしております。

のんとろっぽの今日の「お茶」はホットチョコレートでした。寒い日や疲れたな~なんて日は時々チョコレートにします。お気に入りのコクと酸味と旨みのバランスがいいヴァローナ社のEXビター(もちろん製菓用)で時々チョコレートを淹れます。最近ののんとろっぽ的な流行りは乳製品を一切使わない水のみで淹れたホットチョコレートです。コクがあるけどすごくさっぱり。それに今日は生姜のコンフィ(シロップ煮)をお好みで入れて飲みました。

ホットチョコレートを淹れていると思い出すのがベルサイユのばら。オスカルもばあやに淹れてもらってましたね~。お酒はやめてショコラにしたらと。アンドレがジェローデルに吐いた名言も忘れられません(笑)なつかしす。

https://honcierge.jp/articles/shelf_story/4828

もともとチョコレートは貴族に愛された飲み物だったのです。ブリア・サヴァランの「美味礼賛」にも書かれていますね~。「君が食べたものを言ってみたまえ、君が何者であるか当てて見せよう。」という名言が有名な彼です。序文から結構ぐずぐず(おっと失礼!)長めなので文章に慣れるまでは結構大変ですが(笑)料理人必読の面白い、歴史的にも勉強になることの多い本です。

この本にも書いてある通り、カカオを砕いてスパイス(最初は唐辛子も使っていたそう)、砂糖、牛乳で苦みを紛らわせて飲んでいました。ホットチョコレートはたしなみある飲み物とされていましたが、カカオも超!高級品、スパイスも砂糖も権威や金持ちの象徴ですからね。まったく庶民とは縁遠い飲み物です。(ちなみに当時は生水はペストになると信じられていたので普段はワインやワインを水で割ったものを飲料水として飲んでいました。ワインはどの人にも必要でのんでいたってことね。)そう考えると一使用人のアンドレがおいそれと飲めるものではないのですから、かなり贅沢させてもらっていたことがわかります。

ってことで、ホットチョコレート!をのむときはおステキなカップで貴族気分で飲みたい!ってことです(爆)

ティーカップはいくつか持ってるけれど、どっちかっていうとコーヒーカップのデミタスカップでチョコレートを飲みたい!ロイヤルクラウンダービーのカップ欲しい‥‥。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t563844925

じゃなかったらジノリのエスプレッソカップ・・・・。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s637323453

・・・・・。物欲が大変なことに。いかん、いかん。

たまには貴族気分でチョコレート、飲みませんかね。

本日バルのんとろっぽ最終日

あけましておめでとうございます!

のんとろっぽ、2019年も宜しくお願い致します!

さて、正月恒例のバルのんとろっぽ。2日より営業して今日5日最終日です。明日から3日ほどのんとろっぽはお正月休みを頂戴します。

今回は結構お正月料理をもじったものや、イタリアのラッキーフードを使いました。

たとえばレンズマメのサラダはレンズマメが金貨に似ていることからラッキーフードとして正月にイタリアで食べられています。カポナータももともと新年を祝う料理でした。カポ=capo=頭 ナータ=nata=生まれた で新年を意味します。

イタリアではポトフやおでん的なボッリートミストもお正月に食べます。今日は豚タンとじゃがとセロリのポトフとしてお出しします。もちろん定番のグリーンソースをつけて。

それからカプレーゼを市松模様にしたものとか、あとはきんとんトルタ。きんとんって金団って書くんですよね。おいしくてリッチな生地という意味でしょう。これと、つまりサツマイモの生地とイタリアのラッキーフード、干しブドウ(豊穣の象徴)を組み合わせたトルタも。

5時からです!お待ちしておりますね!

お正月はバルのんとろっぽ!2019

お正月はバルのんとろっぽ!

ワインにビール、グラッパや日本酒も飲み物はすべて¥500!

そしておつまみは¥300~!

ロイヤルポーク黒豆、洋風紅白なます(金時人参と根セロリ)、吉川家のお雑煮、

そしてイタリアのお正月料理もお出しします!豚足やカポナータも!

みなさまお誘いあわせの上、いらっしゃってくださいね!

 

2018年あと少し!30日まで走り抜けるぜ!

「大人のためのクリスマス」に来ていただいたみなさまありがとうございました。

個人的にはなんというか、シンプルさ、素材の素直さというか、やりたいことがよりはっきり表せたクリスマスメニューでした。

去年もよかったと思いますがより自分の中で納得のいく料理になりました。来ていただいた方にもそんなお褒めをいただいて伝わったのが何よりです。また精進してまいります。

クリスマスの写真はごじつクリスマスのページにアップします。

 

さて、のんとろっぽ年末年始の営業のお知らせです。

 

のんとろっぽは29日まで通常営業、30日は9時LOまで営業いたします。

大晦日31日と元旦2019年1月1日はお休みをいただきまして、

来年は2日より例年通り年始のバール営業をいたします。

飲み物はすべてワインもグラッパも日本酒も¥500!

おつまみはロイヤルポーク黒豆、吉川家のお雑煮、イタリアのお正月料理など¥300~ご用意いたします。

みなさまお誘いあわせの上いらっしゃってください!

北海道が時化!クリスマスの甘えびが~涙

朝、豊洲の亀福の森田さんから電話が。

「頼まれてる甘えびなんだけどさ、出せないから!」

写真は築地時代の「水栄」の森田さん。イケメン。↓(当時は朝はよく名だたる名店の方とよく会いました。すきやばし次郎さん、青空さん・・・楽亭のご主人に重よしさんになべ屋のご主人・・。テレビの撮影もよくしてたなぁ)

 

いやいやいやいや、お高くても買うって伝えておいたじゃないですか。先週から時化てて高騰しているのは知っていましたけどね、クリスマスはクリスマスなんです。

「そんなんじゃないんだよ、マッチ棒3本くらいの太さで全然だめなのよ。明日はもっとだめだ。悪いけど別のにして。」いやいやいやいや・・・マッチ棒3本ってどんなよ。勘弁してください(涙)

 

「だってのんとろっぽさん、いつもうちの海老食べてる人もくるんでしょ?そんなうちの極上食べてる人に出せないよ!」

いやぁ、お気持ちはわかりますがなんというか、明日からのんとろっぽクリスマスメニューです(涙)

「なんかちがうメニューにしてよ。」

まじか~。森田さんの矜持なのはわかるんですが、そりゃね、すきやばし次郎とかにも卸していた森田さんがそんなマッチ棒みたいな海老はみっともなくて出せないという気持ちはお察ししますがね、しかしそんなすぐに違うメニューなんて(号泣)

 

・・・・・・・としばしやり取りをして白エビになりました。

「そっちだったら全然いいのよ!」

悩んで悩んで、白エビの食感と甘さにあわせてほんの少し変更することにしました。

だがしかし!みなさまご安心ください!最初の一口目、シャンパンでも白ワインでも、高揚感と味わいが合うようにします!

明日からクリスマスメニューです。来てね♡

クリスマスメニューはこちら