世田谷区・千歳烏山のイタリアン「のんとろっぽ」からお知らせ

朝焼けとモーツァルト。

今朝はほんとうに寒かったですね~!千歳烏山、朝5時ごろ3度とかでした。豊洲は雪がぱらついたとか(驚)。さすが海っぺり。。。

春分の日を過ぎて日の出が6時ごろになってきたのでちょうど家を出る時間帯は朝焼けがほんとうにきれいです。

ほっそい三日月が大好き。うすいピンクの空も大好きです。この夜明け前の15分から30分くらい前はどこの国に行っても鳥が一番鳴いている時間帯です。正直うつくしいを通り越してぎゃーぎゃー大騒ぎなんだけれども(笑)、ああ、あたらしい一日、あたらしい命を感じるようでこれを聞くのが大好きです。

ってこうやってまったり写真撮ったりしてると時々一本電車乗り遅れたりするので要注意なんですが(笑)。今日は大丈夫です(笑)

豊洲では重よしさんにもお会いして、ちょっぴり気持ちが引き締まって、豊洲の後に今日は築地にも寄ったのですが移転前に蔵立に勤めていて仲良しくしていたよっちゃん発見!懐かしさと彼女も、お互い仕事、頑張ってるんだな、と思ってちょっといい心持ちになりました。

豊洲にもなれてきて少し気持ちの余裕が生まれてきました。よかった・・・。どうしよう、迷子・・迷子・・・・・→からの、ちょっと楽しい?になってきました。ふぅ、ヨカッタね・・・。

築地市場内は慣れていたのでいつもなにか心の中でテーマソングが調子よく流れていたのですが、豊洲もなんとなくそんなモードになってきました。

最近のお気に入りはカール・ゼーマンのモーツァルト。

おんなじyoutubeは見つけられなかったけれど、彼の演奏がほんとう、好き。

丁寧で落ち着いていて、どこか子供のような純粋さがあって、モーツァルトの特徴的な急にブルーになったり、おどけてみたりするところも、でも温かさや悲しさ、大人の部分と滑稽なところが一体となって、静かに、そしてあっという間に私の気持ちを飛び越えていくところが感動的です。

リリー・クラウスもいいけどね。カール・ゼーマンの演奏は長調なのに追いつけない悲しさみたいなのもあって好き。このモーツァルトの追いつけない悲しさを感じると小林秀雄の「無常ということ」を思い出します。何回読んだかなぁ。

 

豊洲から帰ってくれば世の中出勤時間。みんな忙しそうにしているのもどこ吹く風でスモモの花が眩しいです。

 

さぁ、もうすぐ開店です。頑張るデスヨ。

古いイタリア語の料理書la scieza in cucina

イタリア語、勉強してます。

コックになってしばらくして、いろんな本を読んでいた時です。ひらたくいうと、フランス料理の本は古い本でも日本語に翻訳された本がたくさんあるのですが、イタリア料理の本は「銀のスプーン」とか「地方料理」くらいしか存在しないことに驚きました。ああ、これはイタリア語を勉強しないといけないな、というのと同時に、もし、勉強出来たら私が日本人の後進のために訳せるようになったりしないかしら?などと壮大な夢をいだいたおバカちゃんです(笑)若かったな(笑)

いずれはルネッサンス時代の偉大な料理人メッシスブーゴ(西洋料理の基礎を築いたとフランス人も認めるイタリア人(笑))の書いた「バンケット」や中世の料理の革命(今のイタリア料理の元になった)と言われた「サレルノ養生訓」も読んでみたいです。

その手始めとして時代はイタリア統一後の19世紀に出版されイタリアで最も売れた本の一つと言われるLa scinza in cucina「料理の科学」を読み始めました。

アマゾンで購入。Kindleでも一応購入。古い本なのでお安いです。あ、イタリアの本は安定のとっても重たいです。

この本を書いたペッレグリーノ・アルトゥージ。↓↓

現代のレシピとかはじゃんじゃん読めるんだけれど、古語?で書かれているからかレシピ読むのも一苦労・・・。一レシピあたり2,3回辞書ひいている・・・・(汗)。ちなみに700以上のレシピが掲載。。。

さらにこの本の作られた経緯とか序文読むだけでむちゃくちゃ大変だよー!(料理用語以外むちゃくちゃ弱いからなんだけど)

‥‥若い世代のために翻訳しちゃったりなんかしちゃって?ぷぷー☆・・なんて思ってた若かりし日が遠いわ・・。

少しずつ読んで、古いレシピもつくってみようと思っています。

とりあえず序文の2、「料理の小説(散文)」(←平たく言うとこういう本になった経緯。)は読んだぜ!遠いな~

 

からすやまペタンク部&花見!野立弁当!

先日の日曜日はのんとろっぽ日曜俱楽部、からすやまペタンク部でした。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!楽しかった!

桜もちょっぴり咲いていました!よかった~

土曜日が霰?が降るくらい寒かったからいろいろ心配しておりましたが晴天に!そしてもっとも大切なお弁当がどうにか間に合って(ほんとう、もう無理かと思った・・・・・・。)よかったデス。

ペタンクはまぁ、上手な方もちょっとしたことで負けたりするのが面白いですね。チーム戦、それから個人戦とやりましたが、個人戦、優勝戦ではのんとろっぽの塩田と最古の常連の方が対決。2年連続でその方の優勝です!お嬢さんに「パパ勝つんでしょ?」って言われてたからかなりがんばってらした(笑)

今回参加されなかった方も是非また秋に考えておりますのでふるってご参加くださいね。

 

さてさて、問題のお弁当です(笑)

のんとろっぽの野点弁当箱が旧タイプで深いので盛り付けが結構大変です。

一の重?

カツオのたたき ホタテのレモンマリネ(アンディーブのせ) レモンとオリーブ風味の鶏むねのカツレツ

そば粉入りの生地でアーティチョークとボロネーゼのタルト ウズラの卵のバルサミコ漬け 子持ちヤリイカ

メインは小鯛の詰め物(キノコとアーモンドとオレンジの皮) ズッキーニのジェノバ風詰め物 ミント香るグリンピースと芝エビのシュウマイ 春野菜マスタードマリネ ラムスパイシーごぼう巻

ご飯ものは桜寿司とこはだの押しずし。

ビーツとミョウガの酢漬け 桜寿司は鱒と小鯛でした。運ぶときに寄ってる‼(号泣)悲しい

おやつ類は提さげへ

上の段がカーニバル風ドーナッツ ピエール・マルコリーニの箱は再活用(笑)で去年仕込んだ甘夏のコンフィにチョコレートをかけた「ショコラ・オランジュ」

下の段はフォッカッチャと菊花入り淡雪寒でした。

 

今回のお弁当は桜寿司が秀逸だったな~また作ろう~

皆様よく食べよく飲みました♡(ペタンクはそこそこ(笑))

ぜひまた秋にやりましょう!

明日はペタンク!のお弁当終わらない・・・。

いよいよ明日はペタンクですね!ご参加される方は14時にのんとろっぽにいらっしゃってください。

明日は今日ほどは寒くなさそうでちょっぴり安心です。日の当たっているところは桜も咲いているのでそれもなにより!

あとはお弁当の準備だけ心配・・・・・・。

今回はなぜかほぼA4サイズということが分かった所有している野弁当箱の実寸大の設計図を書きました。イメージしやすかった。

それにパウル・クレーの造形思考という本をパラ読みしていて

これも特に今回の弁当や料理の盛り付けの勉強になりました。まだまだ読み終わらないけど、どうしても料理を作り終わると満足してしまう傾向がある私にはとてもよかった。

せっかくイタリア料理なので四角に区切るだけじゃない弁当の盛り付けしたかったのね。チャレンジする予定です。

楽しみにしててね。

しかしやりたいこと盛り込みすぎて終わらない・・・・(汗)。しかも次回ハードルがまた上がっちゃう・・・・・。

頑張ります‥‥。

のれそれなにそれ

のんとろっぽではのれそれのスパゲッティが人気があります。とろっとしておいしいのね。

のれそれなにそれって思った方いらっしゃる?

前に居酒屋さんで「のれそれってなにそれ?」って聞いていたおじさんがいたのを思い出します(笑)ブッって笑っちゃった(笑)  でもそのおじさん聞いたのに食べなかった。。。なにそれ、聞いといて食べないの?ってちょっと思っちゃった、ごめんなさい。

で、結局のれそれは何かっていうとアナゴの稚魚デス。

一匹で見るとこんな感じ。

かわいいね♡ぬらっとしてスパゲッティとよく絡んでおいしいです。

稚魚とかちいさい魚類って春を感じますね。好きです。食べるのが(笑)。

あとはちいさい系だと白魚も出てますね~。

こちらはこれで成魚なのです。サイズ感は同じくらいだけど。のれそれよりはほんのすこ~し苦みがあってしまった味です。セモリナ粉で一匹ずつフリットにします。カリカリでおいしいヨ。山菜のフリットと一緒に食べてね。

あとは小さい系だと今日はだるまイカ。

かわいいね。ヤリイカよりはすこし身が厚くて、やわらかくて甘みがあります。蔵立(豊洲の仲卸)の私の担当の子は「自分はヤリ(イカ)よりこっちのが好きっすね。」と言っていました(笑)生食すると、より甘さが目立つからね。 ヤリはヤリで澄んだうまみと軽やかさが身上です。それも好き♡

カルパッチョでお出しします。食べてね♡

桜色のマスくん

来週には関東も桜が開花するとか。おお~もうすぐか~♡早く咲かないかな?とか思っていたけどよく考えると来週はのんとろっぽ日曜俱楽部春のからすやまペタンク部なのを一瞬忘れていました(涙)。お弁当、まだまだ悩んでいます(冷汗)

さて、桜と言えば桜色のマスくん。

おデブです♡

綺麗なアスタキサンチン色!(勝手にお肌によさそうとか思っちゃう笑)

繊細で細かい身質も好きです。ルイベ(凍った刺身)でもお出ししていますが個人的にお気に入りはしっとりとローストして付け合わせは白く煮た山うどと筍。リンゴとバジリコでつくったやさしい酸味のライムマヨネーズを添えるのが気に入っています。

ああ、これにあわせてピンクの泡が呑みたいな~

 

あとバリッと皮目をグリルして白コショウ効かせて空豆をごぼっとのせるような大胆なのも好きです♡食べてね。こっちはオススメはきりっとめの白もいいかも♡