世田谷区・千歳烏山のイタリアン「のんとろっぽ」からお知らせ

海老にする?マグロにする?それともリッチカルボナーラ?

もうすぐお引越しの築地。

水曜日と金曜日は空いております。

g水曜日は隔週でお休みなので間違えて休みの日に発注ないようにあえて毎週水曜日は休みととらえてらっしゃる方も少なくなく、金曜日は人手不足の飲食業界は仕込みが終わらなくなるので河岸に来れない方も多いのです。

なのでいつもよりちょっと急いていない築地。

垂水の鯛があまりにおいしかったのでまた買いたいと、魚の話も引っ越しの話もゆっくりできましたし、せっかちにならず買えました。

相変わらず水栄さんの海老はうつくしい!甘えびちゃんですね~

贅沢にたっぷりのせてカラスミと冷たいカペッリーニにします。

あとは気仙沼産びんちょう鮪。こちらは蔵立さんから。

時々あんまりおいしいと試食コーナーができています(笑)時には3切くらい食べてく人もいます(笑)

あまりにもメタボちゃんなので背側にしました。身質もきめ細かくてビロードのよう。びんちょう鮪ってさしが入っているんじゃなくてそもそも身がピンクなんでしょ?っていう方もいるかもしれませんがこの子はびっしりおデブちゃんです♡

とりあえず、私の大好きなウイキョウとまずはカルパッチョ、それからカツレツ。

前回も大人気だったバルサミコで漬けにもする予定です。

今日はバイ貝もうまく煮えたし!

 

それから超!おいしい卵、あ~んどグアンチャーレ(ほほ肉のパンチェッタみたいなもの。カルボナーラは本当はこっちを使用するのが正解)がありますのでリッチなカルボナーラもします!5皿ぶんかな。

食べてね♡

 

小茄子ちゃんと小夏ちゃん、茄子のキャビアとキャビア

茄子が好きです(告白)。

しかも茄子らしい茄子が好きです。香りも味もしっかり「茄子」なのがすきです。

小茄子ちゃん。↓↓

小茄子ちゃんの形を生かしたいとも思ったんだけど今日は茄子のキャビア風という最も好きな料理にします。

焼き茄子にしてからオリーブオイルと合わせます。

接写してるからキャビアっぽいのが見えるかな?

そしてこの茄子のキャビアにキャビア(本物)を合わせて(笑)

サワークリームとそば粉のブリニで食べます。

小茄子ちゃんにあわせて小夏ちゃん(ニューサマーオレンジ)のコンフィをサワークリームに少し入れて。

小茄子ちゃんと小夏ちゃん、茄子のキャビアとキャビア(笑)の料理です。

食べてね♡

 

今日は午後の雨がすごかったから帰り、ペルセウス流星群は無理かな~

真夏のバーベキュー‼のんとろっぽ日曜俱楽部

8月ののんとろっぽ日曜俱楽部は『真夏のバーベキュー』です!

8月26日日曜日、ダイバーシティ東京屋上の都会の農園にて17時から21時までです!

ハンモックあり、カマボコテントあり、お台場の潮風を感じながら夕方から夜にかけて夏を満喫します!

写真は都会の農園ホームページより。

お一人 会費: 飲み物、食べ物込み ¥11,000(税込み、現金のみ当日集合時に清算)

15時にのんとろっぽに集合。食材他、一緒に荷物をもって移動となります。(のんとろっぽの近くにお住まいでない方はご連絡ください。)

各自フォークと取り皿(紙皿は用意がありますがくたくたになりやすいです)を一つずつお持ちください。

当日のメニュー予定:

  • すすきのカルパッチョ グレープフルーツといんげん
  • 鴨胸肉 ひらひら人参とオレンジサラダ
  • ホタテ貝焼 バターをのせて
  • さわら トマトととろとろパプリカロースト
  • 牛モモ ゴルゴンゾーラソース
  • トレビスと梨のサラダ
  • ムール貝ビール蒸し
  • イカとズッキーニのグリル
  • じゃが芋とチーズのスキレット焼き

ご予約はお電話03-5313-3339またはメールにて伺います。(メールの場合はお返事に数日かかる場合がございます)

info@non-troppo.tokyo

藍ちゃんからもらったネクタリン

先日池袋のヒョータンのシェフ藍ちゃんが食べに来てくれてその際にネクタリンもらいました。

デカい。

色のグラデーションもほんとう!きれいでそして香りも素晴らしい。試してみたけど皮つきのほうが香りが素晴らしくジューシーさが際立つ。

リッチな味わいが「絶対フォアグラ!」っておもったのでフォアグラのテリーヌに巻いてお出しします!早く冷えて~~~~(6時が近づいてて心配(-_-;)

それからそれから大力さんのほや!

ちょっぴり賄いで余ったシャンパンとヤッたんだけどすごいウマ‼!!!

ホヤの磯の香りとマンゴーのようなパッションフルーツのような南国ちっくな香り。むちゃくちゃ合う! あーうー!

ビツクリ!シャンパンの後味がすっごくフルーティーでリッチな感じ!ぜひおためしあれ!

明日から夏のベネチア料理『バーカロの夕べ』!

クモガニ。

ながらみ。

ばち海老。

 

コラーゲンでとぅるんとぅるんなアキレス腱のサラダや

イカの墨煮、ベネト地方のチーズにサラミ。

明日からの夏のベネチア料理『バーカロの夕べ』のちいさいおつまみチケッティで

お出しします!イエィ!

ワインもベネト地方をメインに

もちろん食前酒やスプリッツ類も充実!

私の好きなのはチナール(アーティチョークのリキュール)を

白ワインと炭酸で割った飲み物!消化促進効果あり!

 

オススメはレモンのふわふわソルベをプロセッコで割ったふわふわシェークのような

ズグロッピーノ♡

暑い日には最高デス

ふわふわレモンソルベもうすぐできるヨ

明日5時~!

明るい時間からチョイ飲みチョイ食べ♡

 

ベネチア料理は訛りが難しい。。。けどちょっと楽しい

ベネチア料理を勉強していると

本当、東京湾と同じ干潟の材料が多いです。

そして、むっちゃ訛ってる。。

東京言葉を話しちゃう私としては人のことを責められないけれど

ベネト語、イタリア語と違いすぎて大変!

たとえばイタリア語でタコはPolpo,ポルポ,

ちいさいタコはpolpettiポルペッティなんだけれど

ベネト語はForpetti。似てるっちゃ似てるけど

さらにムール貝はイタリア語でCozzeコッツェ、

ベネト語はPeociペオーチ?ペーオチ?

アクセントのつけ方もムズイ。

材料が読めないのが(時々は普通のイタリア語のルビ的なものがふってある)

大変ですが同じ干潟の子としていろいろ親近感がわいております。

結構楽しい。

東京湾の棒の立ってる所は魚介や海苔の漁をするところ。

ベネチアも一緒だね。

たとえばベネチア人がハゼとか大好きなところ(特にリゾット)って

江戸っ子的には釣りったらほとんどハゼ釣りを指してた(過去形)もんね。

アサリもよく食べる。

酒蒸しか白ワイン蒸しか(笑)

ゴリっていう雑魚類、東京はよく佃煮にするけど

ベネチアはフリットにして食べる。

スミイカも大好き。

東京はスミイカっつったら(←東京弁)すしか天ぷら、お刺身か。

ベネチアはイカ墨のリゾットやスミイカのイカ墨煮は名物。

新イカ、高いんだよな~と思いつつも

ちょっと楽しいヨシカワさんです。

さぁ、のんとろっぽ日曜俱楽部

夏のベネチア料理『バーカロの夕べ』は今週末の日月祝ですよ=!