さきほど設立した「余りものもおいしく食べようの会」会長のヨシカワさんです。こんにちは。

どうしてもいろいろなあまりものが出ますね~レストランは。

 

例えば「きちんとスープ」のオニオングラタンスープのために↓↓

鶏だしをとってさらに牛赤身をかぶせて出汁をとります。

鶏ガラはさすがにもう食べられないけれど、こちらの牛赤身はスポンジ?(←ヒドイ)よく言えば煮すぎおでんに入っている味の抜けた牛スジのようなものが出し殻として残ります。

こういうのは大概のんとろっぽ的には大和煮にすることが多いです。味がないからね(笑)

ま、ざっくり大量の酒と濃い口しょうゆと砂糖などでしっかりしみしみになるまで煮ます。こちらは前回は玉ねぎを入れて肉豆腐にしたのだけれど、まだあまったので芋がらと煮ました。

 

松輪からおいでのサヨリちゃんも

本体はおきゃくさまに召し上がっていただいて、皮をとっといてですね、甘酢に一晩漬けます。

皮なます~♥

そのままおつまみでもおいしいですが、今日はのんとろっぽでお浸し要員として大人気のしろ菜と合わせて酢の物に。

ちなみにこれで3本分の皮↑↑。量は取れません(笑)。

ご家庭では鯛や鱸もおすすめです。

おちょこみたいなのに生で皮をくちゃっと入れてひたひたに米酢入れて、砂糖と塩を一つまみ。一晩たてばおいしく食べられます。大きいようだったら適当に切ってね♡

皮なますはれっきとした江戸料理です。

一番は鯛とあります。

 

なますって大根と人参の紅白なますが今は主流だけど、もともとは膾と書いて、生魚などの塩辛のようなものを指していました。

素焼きした魚や茹でただけのものに、味噌や酢と一緒に調味料的に膳に乗っていました。下の写真では鹿の膾がありますね~。

万葉集の時代さんから拝借。↑↑

そんな遠い時代に思いをはせるのも楽しいです。ゆっくりあとでこのブログ読もう・・・。面白そう。

 

以上、貧乏もおいしく食べよう!(笑)の会、会長のヨシカワさんでした(笑)

 

 

ちなみにメインは春雨(笑)でした。干しエビときくらげが余ってたからね。干しエビあと少しで食べ終わる(笑)