世田谷区・千歳烏山のイタリアン「のんとろっぽ」からお知らせ

お正月は江戸料理2020のお酒きたよ

今年も大変お世話になりました。年内は今日が最終営業です。

今日は早めに終わります。

クリスマス終わってからほっとする間もなく、再び江戸料理勉強しておりまする~~。

なぜなら「お正月は江戸料理!Bar non troppo2020」だからデス!

2日17時~!

東京の酒蔵8種、+下り酒の剣菱!すべて一升でご用意しました!

今は東京の酒蔵おいしいけれど、江戸時代は奈良からの下り酒のほうがおいしかったらしいです。

樽に揺られて富士山を見ながら江戸に入ってくるのです。「富士見酒」とも呼ばれていました。

なので剣菱も!

東京の酒蔵についてはこちら→ゴールデンウイークはバルのんとろっぽで東京の9酒蔵制覇!

 

あともう少し!江戸料理の勉強頑張ります!

・・・・・・でも江戸料理を勉強し始めてまだ数年しか経っていないので単語が覚えきらない・・・・・。

繊→千切り

摘み入れ→つみれ

とかはさすがに大丈夫なんですが読んでいる日本最古(なぜならそれまで口伝だったから)の本格料理書「料理物語」に

先日「ももげ」初登場。なんじゃそりゃ。

・鳥臓と書くそう。鳥類の内臓でした。多分料理的に砂肝使ってるっぽかった。(曖昧・・・・涙)

きびしい・・・・。頑張って正月までにまとめます!今回は主に醤油の代わりにつかわれていた煎り酒もつくります!

おっと今日も時間が来ました!6時になる!

みなさまそれではよいお年を!風邪ひかないでね。

お正月また!

 

お正月は江戸料理2020 bar non troppo

年末もさし迫ってまいりました。みなさま風邪などひかれていませんか?

今年も大変みなさまにお世話になりありがとうごさいました。

今年は20年という子供が成人する時間が過ぎたと思うと不思議な気分です。

 

のんとろっぽは年末は30日(月)まで営業、翌大晦日31日と元旦1月1日はお休みいたします。

お正月は毎年恒例のバールのんとろっぽを2日(木)からいたします。

 

今年のゴールデンウイークに非常に好評だった「江戸料理」をお正月も致します。

東京の酒蔵8種とともに江戸時代の料理本「料理物語」や「豆腐百珍」などからも忘れ去られた江戸料理をお出しします。池波正太郎など時代小説などにでてきた料理をイメージしていただくとわかりやすいと思います。

醤油の流行は江戸中後期以降。当時はお刺身は醤油ではなく特に白身魚は「煎り酒」でたべたり、酢で食べることが多かったです。

居酒屋で出ることが多かったという「から汁」(おからの汁物)や

すが入るくらい煮ぬいた「からみ豆腐」、

等もおつまみとして¥300~お出しする予定です。

東京の酒蔵は澤乃井、八王子城、国府鶴、喜正、東京港酒造、金婚、嘉泉、多満自慢をご用意。

17時から21時までの営業です。おまちしております!

おトリュフさま!今週もご用意しております。

さすがはアルバ産!白トリュフ最高峰の産地です。

繊維がきめ細やか!あともう少しイケマス!

個人的にアラカルトでの一番のおすすめはやっぱりタヤリンですね。

贅沢に卵黄だけで打った手打ちパスタです。白トリュフの産地、アルバの代表的なパスタです。

バターとレジャーノの香り、そしてリッチでいてふわふわ食感!最高の組み合わせです。

初めて食べたときの衝撃を今でも思い出す。。。。

私がもしトリュフ期間中に、アルバに行ったらこれを食べるだろうな・・・・。

ぜひ!

 

それからいただいた椿ちゃん。

枝ぶりが素敵☆

すっかりうちの子になったみたい♡

満足満足☆めでてやってください☆

美人さんいらっしゃい、わかさ~ぎ~♡

目指せ自給率100%の横内商店の阿寒湖のわかさぎちゃん、来ました!

皮も香りもいい感じ!

きらきらしてるよね。

米粉でさっと揚げてふわふわのハーブのサラダとともにどうぞ!

美術俱楽部でかった三浦竹泉の清水焼きとぴったり!満足。目がかわいい♡

軽いのに旨みは濃い目です!

 

ちなみにワカサギって漢字でかくと公魚だけど魚へんにすると「鰙」って完全に当て字感満載(笑)。

イタリアの南蛮漬け、スカペーチェにもしま~す!食べてね♡

超!おいしいお土産!オススメです!

昨日の河岸はいや~空いていました。見渡す仲卸棟の20mくらい私以外に3人くらいしか買出し人がいない(爆)!いいのか、それで!東京の台所!と心配になります。。。。

まぁ、水曜日は隔週で豊洲お休みなんで前から空いているんですがね。去年豊洲が開場したばかりの10月は外気より仲卸棟の中のが温かい始末だったのに、このくらい人がいないと冷房効いてて寒かった。。。いや、エアコンは効いたほうがいいんだけど、なんというか、本末転倒感が否めない・・・・・。

みんなと冷房効いてて寒いね~っておしゃべりしてきました(爆).なんのこっちゃ。

小肌ちゃんにウニ君。夏もそろそろ終わりだからもう少しだけウニ君買っとこうかなと。それから岩手のホタテ。などなど。

小肌はどうしても時々食べたくなるよね。掃除するとさらにちっちゃくなるのが難だけど。

アーモンドプードルとバジリコで食べてね。ふわっと軽い感じです。

 

そして今日オススメしたいのがコレ!

バスクのお土産でいただいたんだけど激しく!おいしいです!スペインの黒ニンニクペースト!

料理教室でも茄子のキャビア風と一緒にクロスティーニ(パンに塗って)にして食べたんだけどほんとうおいしい!ニンニク臭くない!

どちらかというと味噌や醤油のようなメイラード、旨みの香り。でも塩は入っていないのでしょっぱくはないです。ニンニクはもともと果物と同じくらい糖度が高いのでむしろ甘いです。プルーンを思わせるようなフルーティーさもあります。ヴィンコットのような果物を煮詰めたような香りもします。

なんにでもあっておいしそうだけど!ここは子羊‼でしょ。 これに茄子のキャビア風とトロ茄子(白茄子の中までえぐみがなくてトロっとした食感)と!

もちろん食べましたがここ最近作った子羊の中でダントツにおいしかったです。

最高においしかった。まだ召し上がっていない方は食べてね♡

 

夏の終わりの時代やっこ

のんとろっぽのシェフ、吉川です。イタリア料理とともに出身の東京の味、特に江戸料理なども勉強しています。

 

江戸料理はこざっぱりしていつも組み合わせもおしゃれで勉強になります。

時代小説に出てくる料理もなかなかに面白いものです。特に池波正太郎はグルメとしても有名ですね。

実際に江戸時代にあったかどうかはともかくとして、「剣客商売」に登場したやっこが簡単で大変おいしかったので皆様にもおすすめします。

青紫蘇やっこデス!

読んだ本はこちら↓↓

「剣客商売」に出てくる料理を「天ぷら近藤」の近藤さんが再現した本です。写真も多く、「剣客商売」のどの部分に出てきたかが書いてあるのも楽しい、読みやすい本なのでなかなかオススメです。

個人的には「剣客商売」といえば藤田まことの大先生こと秋山小兵衛,そしてその息子大治郎は渡部篤郎、大先生の若い嫁はおしんの小林綾子師匠のイメージが強いので本を読んでもその声が聞こえるようです(笑)。

「鱸」の項に出てきます。

千に切った青じそを木綿豆腐に乗せ、(注:わたくし吉川さんは面倒くさいくて適当に切っていますがふわふわになるくらい細いほうが断然おいしいです)酢と醤油を1:1で合わせたものにすこ~しゴマ油を垂らしちゃっちゃっちゃと軽く混ぜ合わせます。

これをかけるだけ。超さっぱり!でおいしいです。

「剣客商売」には「よく冷やした豆腐の上へ擦り生姜をのせ、これに、しょうゆと酒を合わせたものへ胡麻の油を二,三滴」とありますが、それも試したのだけれど酢醤油のがおいしかったです。ぜひぜひお試しくださいませ。

9月に入りました。20周年パーティー の準備を順にやっております。出し物でワインテイスティング大会とかやろうかな(笑)。

それからそれから、20周年パーティーはお子様連れ大歓迎です。小学生以下無料で高校生までは¥1000です。

ぜひぜいご参加ください。