世田谷区・千歳烏山のイタリアン「のんとろっぽ」からお知らせ

空き空きすぎ豊洲市場。。。

どんな世情だろうと朝焼けは美しいです。

すこし、気分が和らぎます。

千歳烏山駅もきれい。電車、とうとう5時台の早い時間でも空いてきましたね。

帰りのゆりかもめは先頭車両に私ひとり。テレワークが進んでいるのかなと思います。

豊洲も空き空きで、買出し人はより少ないです。魚もすこし値下がりしている感じ。

 

今日は蔵立さんに買ってくれとオススメされたマナガツオちゃんです!

イタリア語でマナガツオはpesce castaneペッシェ・カスターニェ。栗の魚とでも直訳しましょうか。

たしかに栗のようなかおり♡

今日はヘーゼルナッツをあわせて香ばしい感じで行きます!

 

みなさま手洗いいかがですか?

豊洲は前よりもみんなきちんと手洗い長い時間して、このことに関しては豊洲に引っ越したおかげで手洗い場の充実が効いている気がします。

みなさまもお気をつけて!手洗いとこまめにすこ~し水を飲んでくださいね。

よし!今日も働くです。

樹がフリーズドライになるところ 野付のホタテ

道東も道東!もっとも東側からホタテちゃん来ています。

えぐくなくてあま~いホタテ。今回はコライユもついているのでいっしょにバターでガリっとやきつけて半生のじゅーすぃーな甘さと旨みを召し上がってください!そこまで大きくないけれど旨みたっぷりです!

もっとも大人になるまで野付という場所さえ知りませんでした。道東=北方領土の近くくらいのぼんやりイメージ(←失礼。。。)東京にずっといるのですみません‥‥。

となりは国後島。

超!端っこ!

冬には半島の湾全部が凍ってトラックがその上を走れるんだとか。この曲がっているところ全部が凍るそうです。

夜寝ていると流氷がぶつかるギシギシすごい音がするとか。東京っ子の私には信じられない話です。
正直だれか落ちたりしないの?って聞いたらたまにあるそうです(ヒエー‼)

写真を見ると樹がフリーズドライ。。。。。。。

ちょっと動物の骨みたいで怖い・・・・・・。フリーズドライになるってことはどんだけ寒くて乾燥しているのよ。。。

そのおかげか人が入らない森からたくさんの栄養が流れいる海は北海縞海老などもおいしいところです。

野付ネイチャーセンターもあります!→http://notsuke.jp/

食べてね♡

真のボロネーゼ(おおげさ笑)のレシピ

のんとろっぽでは何でもやります。

どうしてもおいしい食材を買おうとなると、高い&量が多い(塊の単位が大きい)ことが多いです。高級店でもないのんとろっぽは15席しかないので必死です。使いきることでなんとかよりおいしい食材を食べていただこうと思っています。

なので、何でもやりまーす!

もちろんいいところは焼いて、筋は出汁にしたり、煮込みにしたり。

さらにはひき肉も作成!これで端肉も使い切り!

 

・・・というわけでひき肉をつくって真のボロネーゼ(笑ちょっとおおげさかな?)を仕込んだので作り方をご紹介!料理教室でもおいしくってみんなびっくりしていました!ぜひぜひつくって~☆

材料 たっぷり4人前

牛ひき肉 200g ひき肉はどちらも赤身で!より色の赤いほうがおいしいです。

豚ひき肉 100g

セロリと玉ねぎと人参=1:1:1

野菜をあわせた量とひき肉をあわせた量が同じくらいになるように

注↑↑重さで決めると肉質によってかなり量と重さが違うので量で決めてください

トマト オレンジ色になるくらい

赤ワイン 300cc:白ワイン 300cc=1:1 もう少し減らしても大丈夫

 

では作り方いきまーす

①オリーブオイルでみじん切りにした野菜を炒めます。火は中火くらいでずっと行きます。

イタリアではメッザルーナ(半月板上の包丁)でつぶすように切るので綺麗にきれていなくてもOK .この繊維のつぶれた感じが中からエキスが出て、ソースがおいしくなります。オリーブオイルがなじんでちょっと柔らかくなったらOK

②ひき肉を入れまーす。

もしあればこの丸いお土産屋さんとかで売ってそうな(失礼!)スパテラをおすすめします。このちょいちょいっとしかできない感じがなぜかおいしさを生みます(笑)。イタリア人になった気持ちで行きましょう。

 

③肉からかなり水分が出るのでしばらく炒めて飛ばします。神経質になりすぎなくてOK

④トマトとワインを投入します。

トマトは漉したものをまぜてオレンジ色より赤っぽいくらいの色になるまで入れます。さっぱりさせたかったらもう少しいれてもOKです。ワインも入れてください。ワインは結構多いほうがおいしいし、落ち着いた味わいになります。この後煮込むのでアルコールは飛んでしまうからお子様でも大丈夫です。

⑤個人的にローリエとクローブを少し。

もちろんなくてもよしです。火を弱くしてふつふつふつふつ・・を4時間。蓋をして煮込みます。

ときどき底があたて焦げていないかスパテラで確認してください。心配だったら20分くらいでタイマーかけておいてみてはいかがでしょうか。煮詰まってきちゃってたら水を足してOKです。

最後はしっかりドロッとするまで煮詰めましょう。

まぁ、煮込むまではさして時間がかからないのですが煮込む時間が4時間!無理‼という方はしっかり煮詰まるまででもOKです。それでも十分にかつてないおいしさを味わえるでしょう。ただ、4時間煮たときのおいしさはびっくりするくらいおいしいのでぜひおうちから出ないよ~という日なんかに大量に作るのをお勧めします。

出来たらジップロックで冷ましてから凍らせてもいいしね。

さて、仕上げです。

⑥もちろんベストは卵麺のタリアテッレですがスパゲッティでも。麺をゆでた一人前でお玉はんぶんくらいのゆで汁とミートソース部分をフライパンで温めておいて麺を投入。水分を飛ばすようにしっかりからめて出来上がりです。

ボローニャといえばパルミジャーノレッジャーノの産地。たっぷりかけても♡

このボロネーゼの他の使い道としてはじゃが芋やマカロニにかけてオーブンで焼いてもいいし、野菜につめてもいいし、ハンバーグなどに贅沢にかけてもOk

ぜひぜひチャレンジしてねん♡

サヨリがpugnaleという剣に見える件

今朝は朝焼けきれいでしたね。薄桃色の瞬間が好きです。

 

この冬初!さより買いました!

サヨリは感じで細魚と書きますが身体が四角いため、すごく大きいのは「かんぬき」(門を閉めるあれね→閂)とも呼ばれます。

大力さんの魚はいつもきれいです・・・♡

 

イタリアではメカジキの先の部分が↓↓

spadaスパーダという剣にみえるので

pesce spadaペッシェ・スパーダと呼ばれているんですが、サヨリも結構細い剣にみえません?

pugnaleプニャーレという剣です。昔の殺人事件とかで使われていそう(笑)

似てるよね~

今度からのんとろっぽではこのサイズのサヨリの事をpesce pugnaleペッシェ・プニャーレと呼ぶことにしましょう!ちょっと前まではお腹がのどぐろのように真っ黒なので「腹黒」呼ばわりでしたがね(笑)ぷぷぷ

 

今日は大洗ののれそれもtrasparente透明で大きくておすすめです!

国産のホワイトアスパラも始めました!食べてね♡

バレンタインのんとろっぽ再び

もうすぐバレンタインですね。

今年ものんとろっぽはダメ人間によるダメ人間のためのおトリュフチョコを製作しております。

ご主人とご一緒に♡

自分へのごほうびチョコとして♡

3つ星もご愛用、イナウディ社の白トリュフオイルを使用しています!

今あと少し、常温で結晶化させておりまするよ~!

今夜から出せます!

イナウディについてはこちらの記事からどうぞ!→バレンタインのんとろっぽ

京王線ぶらり各駅バルめぐりありがとうございました😊

昨日、8日土曜日、京王線ぶらり各駅バルめぐり、来ていただいた皆様ありがとうございました😊

本日9日日曜日は変則ですがおやすみ頂戴して、明日月曜11日は営業致します

今回は六駅混ざってのバルめぐりでしたので、のんとろっぽは特に他の駅からいらっしゃってくださる方が多かったです。

のんとろっぽを知っていただけて嬉しいです。

いつものちとからまちバル程は混み過ぎてなかったのも、のんとろっぽの良さを少し感じていただけたのではないかと思っています。

写真はバルメニューの地鶏のキノコのカリカリコンフィ🍄です。

若いお嬢さん方も楽しそうになさってたのが満足デス!

ぜひぜひ皆さま、またのお越しをお待ちしております!