世田谷区・千歳烏山のイタリアン「のんとろっぽ」からお知らせ

やっぱり音楽って大事。せい子先生のコンサート

こないだの日曜日、仕込みを頑張ってやって、初台のオペラシティ内にある近江楽堂へ行ってきました。

ひっさびさにせい子先生のコンサートです。

コロナ禍になってからはじめてのコンサート。

店があるから前半だけ聞いて帰ってきたけれどとても満足しました。

今回はオトテール “ル・ロマン”祭り。

時代はフランス、ブルボン朝の真っ只中、わかりやすくいうとマリー・アントワネットの旦那、ルイ16世ののお父様、ルイ15世の時。

パリで代々つづく楽器制作家にうまれ、また優秀な演奏家として宮廷にもつかえていました。さらには作曲家、教育者としてもすぐれて確固たる地位を気づいた人です。

彼の曲は当時の美しい刺繡を眺めているような、それでいて温かさや牧歌的な雰囲気があってとても大好きです。オトテールを聞いているときは美しいベルサイユ宮殿の庭を宮廷楽団をひきいてのんびり歩いて、王侯貴族の気分になります(笑)勝手に気分がそうなってるだけなんですけどね(笑)

時代はオトテールよりはあとになりますが、個人的なイメージはプチ・トリアノンあたりの庭のイメージがあります。優雅さとあたたかさと牧歌的な風景。(実際の田舎はそうはいかないとはおもいますがね(笑))

 

私がきいたコンサート前半は

オトテールの「プレリュードの技法、作品7」から第1、第2プレリュード。

せい子先生の先生の先生のブリュッヘンのCDで聴きすぎの曲です。

せい子先生の一音目から、近江楽堂の中が優雅な空気で包まれて行きました。

やっぱりリコーダーのまっすぐな音が好きだ。

おそれからチェンバロとのソナタも素晴らしかったです。

 

ちなみに聴きすぎてぼろぼろになりつつあるオトテールのレコード。

それからチェンバロの上尾さん、初めて聞いたけれどソロもとても素敵でした。

上尾さんはレオンハルトに習っていたとか。

せい子先生の先生の先生ブリュッヘンとチェロのビルスマ、そしてチェンバロのグスタフ・レオンハルトの黄金トリオのお弟子さんの共演!!なんかすごいなぁ。

チェンバロソロはクープランの「ボーアン写本」よりプレリュードとシャコンヌ。

これもレオンハルトのCDで聴きすぎの曲です。

ほとんど即興のようにおしゃべりにも聞こえるプレリュードと決まったフレーズのバリエーションで成り立つシャコンヌ。どちらもよかった。また彼の演奏も聞きに行こうと思います。

 

やっぱり、音楽はいいなぁ。ちょっとコロナ禍になってから思っているよりも気持ちがネガティブになっているときもあるけれど、目が覚めました。先生方の演奏、ほんとうによかった。あたたかさとやさしさを感じました。感動すると気持ちはちょっと強くなれる気がする。

もっと料理も、イケイケでがんばろう!

先生の先生の先生のブリュッヘンのオトテールの演奏とレオンハルトのクープランも貼っておくのでぜひ癒されて~。


2021/02/14のメニュー

ゆうべの地震は長くてびっくりしましたね。

今朝ニュースをみたらお怪我なさった方はいらっしゃるけれど今のところ亡くなった方がいらっしゃらないようでよかったです。

しかも停電とかもほぼ復旧したとか!

もちろんまだ断水のところもあるとは思いますが日本スゴイな、と単純に思いました。ちょっぴり一安心。

まだまだコロナも大変だけれども、頑張りましょうね。

 

そうそう、真澄ちゃんの演奏、ご購入なさった方、見れました?

サイトにゲストログインしてもうまくいかないときは登録したメールアドレスに「ご購入ありがとうございました。」のメールが来ているはずなのでそちらから購入した視聴ページに入れます。

読み込み中マークが結構長めなのでゆっくりお待ちになってから視聴なさってください。

もし、まだ見られなかったかたが試してみてくださいね。

 

購入なさった方!真澄ちゃんのつくったプログラムが動画の画面の下にあります!こちらも4ページあるのでこのプログラムをみながらだと時代背景などが分かりやすくなって初心者向けに聞きやすくなりますよ~!←重要!

 

この投稿をInstagramで見る

 

前田 真澄(@m.masumi.m)がシェアした投稿


今回の演奏会はみなさまもご存知の曲が多かったのではないでしょうか。

きらきら星はもちろんですし、ベートーベンの悲愴も聞いたことがある曲だと思います。

最後にアンコールで弾いてくれたショパンもむっちゃいい演奏だったな~。

端正できちんとした演奏で子供のための音楽教室の先生というのもほんとうに納得です。

また次回楽しみです!

 

ではでは今日のメニューです!

赤いシマシマの北海しまえびくん!ぜひ食べてね♡

感染防止対策

ご予約フォーム

テイクアウトのご注文方法(改)

2021/02/14

Antipasti

北海しまえびとキャビアのカルパッチョ 1760/1728

熊本産イサキのカルパッチョ 生胡椒とアンディーブのサラダ1320/1296

スノーホワイトチェルバリー鴨の粕漬の燻製1210/1188

鹿児島産新ちびたけのこのペコリーノチーズ焼き880/864

掛川石山さんのトマトと水牛のモッツァレラの冷たいスープ1210/1188

青森産あんこうのセモリナ粉フリット 770/756

菜の花とプチベールのソテー卵黄とバルサミコソース770/756

Primi piatti

ペコリーノ・ロマーノと山椒のペンネ1766/1728

掛川石山さんのおいしいトマトのスパゲッティ 1870/1836

滑川産新ホタルイカのスパゲッティ 1650/1620

五郎島金時のニョッキ タレッジョのソース1650/1620

ホロホロ鳥のトマトクリーム煮込み 手打ちタリアテッレで1760/1728

Secondi piatti

熊本産いさきとジャガイモのかるい燻製 1650/1620

埼玉産うずらのバルサミコマリネのグリルまたはフリット 2310/2268

秋田吉川さんのウサギとオリーブの煮込み1980/1944

短角牛と石山さんのトマトのロースト2420/2376

短角牛とトレビスのグリル ゴルゴンゾーラソース2090/2052

Dolci

トリュフチョコとショコラ・オランジュ880/864

メレンゲとシャンティのトルタと苺770/756

entrata 440 , pane 1110/108 すべて税込み価格です(店内10%/テイクアウト8%)

前田真澄ちゃんソロコンサート

のんとろっぽに来ていただいているピアニスト前田真澄ちゃん。

ソロコンサートするとチラシいただきました!

むっちゃ美人さんデス!(←重要!)かわいいわぁ~♡

桐朋学園の子供のための音楽教室でも教えています。

 

今回のコンサートはピアノを習っているお子さんにも、それからクラシック音楽ってなんとなく敷居が高いな~と思ってらっしゃる方向けに考えたそうです。

すごくイイと思います!

クラシックってイメージが堅そうとか難しそうとかそういう風に思われているかもしれないけれどそんなことないですよ=!

わたくしはのんとろっぽのソムリエ塩田とお客様がクラシック音楽や楽器の話で盛り上がっているのに入りたくてたくさん聞くようになったのが最初です。懐かしい(笑).20歳ころかな。

当時は話に出てきた曲や演奏家を片っ端から聞いたな~。かわいかったな、私。(←過去形)

 

もし、クラシックハードル高いわ~ってお思いの方、ぜひ!

私もそういうの、料理とかでやりたいなぁ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

前田 真澄(@m.masumi.m)がシェアした投稿


2月10日(水)!

もうすぐね!

下記のリンクからチケットも買えます!↓↓チラシもおおきいのここから見れます!

前田真澄ソロコンサート〜音楽史とともにクラシックを〜

ミーはのんとろっぽ営業中なのでいけないからライブ配信チケット(演奏会後一週間視聴可能!)を買ってゆっくりみますとも!

たのしみ=!

ヴァッソ・デヴェッツ Vasso devetzi

先日新しいレコードがかかっていました。

モーツァルトのピアノ協奏曲 no.20 K.466です。

すごくいい演奏でした。好きだ。

メロディア(ロシアのレコードレーベル)の共通ジャケット(内容はちがっても同じ絵面のジャケット)のブルートーチ(マークね!)です。

正直簡素なデザイン。昔の再生紙のようなあまり質の高くない紙質・・・。

そして演奏内容はレコードを見ないとわかりません。ま、ロシア語だから見てもわかんないんだけどね(笑)。もはやモーツァルトすら読めない(笑)。

どうやら前の持ち主の方もロシア語があまり得意でなかったらしく紙のケースに直接記入してある(笑)。ロシア盤あるあるですね。

指揮者はダヴィッド・オイストラフ。ここは読める。

パパ・オイストラフ。言わずと知れた名バイオリニストです。

オイストラフ先生が指揮するほどってことは当時認められていた人だという事はわかります。

超!高級バイオオリン(ストラディバリウス)にあご肉が乗っかてるのが個人的には気になるところですが(爆)演奏は素晴らしいです。

 

ではピアニストはだれなのか…。

最初の文字はQ(小文字)?小文字ならqlだ。大文字ならU?V?・・・その次はassoはわかります。

そして苗字。。dleの次はuかvでetzi…

なんで苗字最初小文字なんだと思いつつgoogle先生にあてずっぽうでqasso dlezetziと入れたらVasso devetziが出てきました。ヨカッタ。苗字の最初のDの上が離れすぎだよ!

ま、何でもいいのですが彼女を知らなかったのでGoogle先生ありがとう。

ギリシャ生まれで60年代ロシアで活躍。マリアカラスやロストロポーヴィチと仲良しだったそう。

そしてyoutube発見!↓↓

こういう演奏好きだ!いいなぁ、ハイドン。偉そうなハイドンは好きじゃないんだ。

これはきれいだな~丁寧なんだけど軽やかで素直で粒がそろっていて美しい。ピアノがしっかり鳴ってる!聴いててたのしい!音符が見えるようだわ~(イメージ)。

今度はデヴェッツのハイドン見つけたら買わなきゃ!

のんとろっぽ今日からおやすみです!

今度の木曜日20日からまた営業しまーす!

古池や蛙飛び込む水の音

さてさて、読んでいる本「独特老人」の中で面白かった一節。

古池や蛙飛び込む水の音

有名な松尾芭蕉の歌です。

これは一般的に静けさの中でパチャンと飛び込んだその小さな音がさらに静けさを詠んだ歌だと思われていますが、だけども見方を変えれば蛙が飛び込んだその音から春の息吹がぶわっと広がるのを感じた、という歌なのではないか、と書いてありました。(私個人の感じ方かもしれませんが)目からうろこデス。

何事も幽玄で美しいことばかりが日本の美の在り方のように思うかもしれませんが、もっと空を大海に見立てて鯉のぼりを泳がすように、丸山応挙のようにデフォルトして絵がデザインになっていくように、北斎の版画のようにおおらかなところから新しい力を生むような、大胆である意味ちょっと大雑把(笑)でもあるようなそういう勢いとか、美しさがあってもいいのではないか、と気づかされました。

片方からの思い込みや個人的な気持ち以外の考え方や感じ方だけじゃないと再度思いました。

プロコフィエフはこうあるべき!と思っても、フランチェスカッティの演奏はプロコフィエフというよりフランチェスカッティ節を楽しむものなんだ、という事です。(笑)

庄司さやかちゃんのプロコフィエフ、私の思うプロコフィエフに近い。

でもフランチェスカッティ。

最初からフランチェスカッティ節。これでいいのだ。

私も私の料理もそういう自由な人になりたいな。

今日はいい日だ。

今日も豊洲行ってきました。蔵立さんで重よしさんにもお会いしました。

最近は重よしさん、若いお嬢さんの料理人を連れてらして、いつも教えているようです。頑張れ!女の子!とワタクシも頑張ろうと思うのです。

「そのカツオ、いいねぇ。」と重よしさんも言っていたカツオちゃんをゲット。

今年はカツオちゃん、当たり年だと個人的には思っています。去年は初ガツオも戻りガツオのように脂がのりまくっていたけど、今年のは、すっきりしているけれど旨みがのってるわね。秋じゃないんだから、こうじゃないとね。

ああ、ほんとうおいしそう。きめの細かさとしっとり感。落ち着い赤い色。

ちょっと今夜食べちゃおうかな。

 

 

夕方、もう、お会いできないかもと思っていた富久のおとうさんから電話をいただきました。

声に張りがあって、かなりお元気そう!ほんとうにうれしい!

「また、新宿で飲みましょう!お誘いします。」

そしてその時、たまたまだけどカール・エンゲルのシューベルト90番がかかってて、もう、泣きそうになっちゃったよ。泣いたら吉川さんはすぐにオオサンショウウオになってしまうので泣いたらいけません!

なんていい日だ。

去年ウィーンでスコダの90番をアンコールで聞いた時を思い出しちゃった。

スコダもすごいおじいちゃんだけど、富久のおとうさん、最強説だ。

また遊んでください。

「おとうさん、そのシャツかわいいですね!」って言ったら

「アニエス・ベー‼」ってされた。ムカツクー!(笑)そんなの惚れちゃうでしょ~!