世田谷区・千歳烏山のイタリアン「のんとろっぽ」からお知らせ

銀座 大野屋

築地市場がある時から
かよっている大野屋さん。
手拭いと足袋買ってます

他が買収されて大野屋さんを取り囲むように駐車場に!😿

なんとか続けて欲しいヨシカワ さんは
足は一組なのにまた足袋を三組買ってみた😭


五枚こはぜが好きです。←200円増し(安すぎ)

足に吸い付くようにフィットするのよね。

白足袋は同じサイズでも甲高とか幅薄とかから選べます。

柄足袋多めもうれしい❤️

若い男の子が足袋買ってて嬉しかった😭
東銀座の駅からすぐ、夕方四時には閉まります、注意。
#東京老舗 #tokyo #足袋 #kimono #tabi #oldshop #tenugui #手拭い #手拭い半襟

前田真澄ちゃんコンサート Piano Trio 音楽史とともにクラシックをvol.3

のんとろっぽのステキなお客様、ピアニストの

前田真澄ちゃん、

新年からコンサートがあります!

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

前田 真澄(@m.masumi.m)がシェアした投稿

Piano trio 音楽史とともにクラシックを vol.3

今回は国民学派だそう。ミー的にはこの辺から音楽史まったくわからないな・・・・・・。

グリンカ作曲/バラキレフ編曲       :ひばり
グリーグ作曲                                      :抒情小曲集
ヘンデル作曲/ハルボルセン編曲   :パッサカリア
スメタナ作曲                                      :ピアノ三重奏 ト短調 op.15

 

おっと知らない曲も!

でもこのコンサートは真澄ちゃんの解説がついているので安心です!

代々木上原のムジカーザでのコンサートです。

ステキなホール♥

真澄ちゃん、コンサートのピアノ選び楽しかったよう。。。→真澄ちゃんブログ

真澄ちゃんはウィーンで学んでいたからベーゼンドルファーに慣れていると思うのだけれどどうだろう。

 

もちろんワタクシも参りますよ!

2023/1/21(土)14:00開演(13:30開場)

チケットはこちら

 

 

 

去年のデュオ、寒い国作曲家シリーズ、ほんとうによかったな~

シベリウスもグリーグも・・・・・。

音の雪が降っていました。

ざくざくと凍った雪を踏んでみたり、ボタン雪が降ってみたり、

雪深いなかでの、温かさを感じたな。

泣いちゃうかと思ったよ・・。ほんとうすごい。

感動したなぁ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

前田 真澄(@m.masumi.m)がシェアした投稿

やっぱりほかの芸術を感じると、

また仕事頑張ろうってなる。

 

・・・・・・それから真澄ちゃんとの音楽と料理とワインのペアリング動画の編集後半も頑張ります~~~😿

あと少し、あと少しなのよ~~~😿↓↓こちらは前半

 

「三輪」能楽講座に行って参りました。

のんとろっぽのステキなお客様、柏崎真由子さまの能楽講座に行って参りました。

こういうの↑↑初。

紋付の真由子さまにお出迎えいただいて萌える♥

 

真由子さまが10月29日(土)に神楽坂の矢来能楽堂でシテを務める

円満井会定例能-三輪-の講座です。

あらすじ↓

大和国三輪山(現在の奈良県桜井市)の麓に庵を結ぶげんぴん僧都そうず(ワキ)のもとへ、毎日やって来ては花水を捧げる女(前シテ)がいた。ある日、玄賓が女に素性を尋ねると女は罪の救済を乞い、続けて衣を一重恵んで欲しいと頼む。玄賓は快く衣を与え、女の住いを問うと「我が庵は三輪の山本恋しくは訪い来ませ杉立てる門」の古歌をひき、杉立てる門が目印の庵と教える。「私を不審に思うならおいでなさいと。」と言い残し姿を消した。〈中入〉

女が去った後、三輪明神にお参りしたという里の男(アイ)が玄賓のもとを訪れる。男は玄賓の衣がご神木である杉に掛かっていたと知らせる。不思議に思った玄賓が三輪明神を訪れると、先程女に与えた筈の衣が二本の杉に掛かっていた。その衣の裾には「三つの輪は清く浄きぞ唐衣。くると思ふな取ると思はじ」の和歌が記してあった。やがて女体の三輪明神(後シテ)が烏帽子・狩衣の男装姿で現れる。神も衆生を救う為に人間と同じように迷い、苦しむ。仏法の力で罪から救って欲しいと玄賓に懇願する。やがて三輪明神の妻訪いの神話を語り、天照大神の岩戸隠れの時に舞ったという神楽を再現するうちに夜明けと共に消えて行った。https://mayukokashiwazaki.com/

 

さらに詳しく三輪の内容を知りたい方はこちらも参照してね♡http://www.tessen.org/dictionary/explain/miwa

「三輪」を見るときの見どころも解説されてて初めての方は読んでから能を観に行かれれといいかも

 

 

まゆこさまに「三輪」にかかわる神話、それから土地、

神と仏が混同していった背景などをわかりやすく説明していただいきました。

ざっくりいうとこの「三輪」の世界感として

日本の国を作った神様大国主命(神様の世界の魂)=大物主神(人間の世界の時の魂)=天照大御神(「三輪」前半に登場する女)=大日如来(仏さま)があって、「三輪」が書かれた時代背景も面白かったです。

この辺の話はミー的に好物♥

御酒の神様でもあるので一度三輪山行きたいわ~(呑んでみたいだけとも言う)http://imanishisyuzou.com/

 

それから能面も付けさせていただきました!

左の生成り(般若になる前の角が生えた女性)の面はワタクシです(笑)

むっちゃ!似合ってる(笑)

ほんとう、帳に会ってるわ~

ふつうにこういう人いそう(笑)

なじんでるわ~私(笑

 

さらに真由子さまと一緒に謡もしました。

真由子さま声がステキすぎます♥

動画の最後やさしく「こうやって歌ってみますよ?」とおっしゃるけど

正直聞いてすぐそんなの出来るか!と思いました(笑)

謡はむずかったです。。。読経みたい。

最近うちのお寺さんでも法事の時、いっしょに読んだりするのでそんな感じ?

真由子さまの声が大変すばらしかったのでそれで満足です。

 

さらに扇子も貸していただいて舞もすこししました。

これはかなりワタクシひどかった・・・・・。運痴サクレツ・・・。

 

いっしょに体験してみたことでかなり近しい気持ちになりました。

残る生成りの能面のリアル感・・・・(笑)

お時間ある方はぜひぜひどうぞ!

円満井会定例能-三輪-

柏崎真由子さまの能楽講座に行ってきます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

柏崎真由子(@mayukokashiwazaki)がシェアした投稿

今度の月曜日!のんとろっぽのステキなお客様、

柏崎真由子さまの能楽講座に行って参ります!

銀座土屋ショールームで13:30~!

楽しみ!

 

大好物「神話」系のお題「三輪」です!

10月にシテで真由子さまが舞われる能の補足講座です。

たしかにちょっぴりお勉強してからのほうがよさそう。。。

 

ほんとは舞台を観に行きたいのだけれど、

いや、行けるか‥‥?う~~~~ん。。。

仕込みの都合がどうなるかわからん!う~ん。

 

本番の「三輪」は10月29日土曜日矢来能楽堂で行われます!
ご興味のある方はぜひ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

柏崎真由子(@mayukokashiwazaki)がシェアした投稿

各部ごとのチケットも通しのチケットもあります~

チケットは真由子さまのHPからどうぞ!

 

仲良くなってのんとろっぽチャンネルに出ていただけないかしら~?

音楽と料理コラボ一曲目の1撮影した…‥。 世田谷京王線千歳烏山のちいさなイタリアンレストラン エノテカのんとろっぽ

音楽と料理という異ジャンルでのコラボすることになったのんとろっぽのヨシカワさんです。こんにちは。

ピアニスト前田真澄ちゃんとのコラボです!

真澄ちゃんとコラボする経緯はこちら↓↓

 

コラボ第1曲目はバッハの平均律クラヴィーアの一番、プレリュードです。

上の動画の最後のほうに真澄ちゃんの弾いてくれたプレリュードが流れています。

下はすぐバッハ始まるヨ。

先日、このバッハのプレリュードとワインを合わせてみよう!の動画を撮影しました。

ソムリエ塩田が選んだワインをブラインドで5種類。

どれがこのプレリュードに合うか・・・と試飲。

真澄ちゃんにこっちのワインならこんな演奏はいかが?との提案をうけつつ

脳みそと感覚が凄く楽しかったです。

 

塩田の言うとおり、ブラインドにしたのもヨカッタ。

どうしても名前やエチケットを見ちゃうと固定概念から放たれない愚か者ですものね。

 

いや、ほんとう!すっごい楽しかった===!

・・・・が疲れました(←中高年)。脳と感覚頑張って使っちゃって疲れちゃったよ・・・。おばちゃん。。

真澄ちゃん元気。。。若いっていいね。

本日より頑張って編集いたします。

なのでちょっちゅ待っててね♡

 

🎶真澄ちゃんのコンサート情報

11月20日 16:00 – 17:15 HAKUJU HALL

ヴァイオリンとのduoです!↑↑上のリンクからチケット買えます!

シベリウス(フィンランド)とグリーグ(スウェーデン)とは寒い国出身シリーズだね!

 

世田谷京王線千歳烏山のちいさなイタリアンレストラン
エノテカのんとろっぽ

12:00~14:00LO 14:30close(ご予約コース)
17:30~21:30LO 22:30close

ランチ、貸し切りはちいさなお子様もどうぞ。

東京都世田谷区南烏山6-4-6リバービル2階

info@non-troppo.tokyo 03-5313-3339

蓮玉庵@上野御徒町 &刃物店 菊季

先日は愛する蕎麦屋蓮玉庵に行って参りました。上野遠い・・・苦笑。

 

蕎麦湯がでるから水は出ないという昔ながらのストロングスタイルのお店です。

もちろんお願いすれば今はお水も出してくれます(笑)

そういうちょっぴり頑固な昔風の江戸っ子なところも個人的には好きなのですが♥

 

お決まりは御酒と板わさと

 

温かいお蕎麦(天ぷらそばが多い、この日は珍しく玉ねぎと小エビのかき揚げをチョイス)と

せいろ。基本あったかいのと、せいろと2枚食べます。

写真全部食べかけてから撮ってる(笑)

 

江戸前蕎麦の店って一枚が少ないから基本2枚でも大丈夫です。

っていうかせっかく来たから2枚食べさせて~~~~!

時間があればもうひとつおつまみ行く時もあり。

この日は美術館に行くのでなくなく板わさオンリーで諦め。。。

呑んじゃうと美術館でのやる気なくしちゃうし。。。。。なので1本で我慢。。。

 

ここは父の実家のちかくで、板わさと更科蕎麦がほんとうにおいしいと

人生で初めておもった蕎麦屋です。

「熱盛(あつもり)」もこの店で知ったなぁ。

 

私の大好きな8代目文楽師匠もお気にいりだったとか。うんうん。

やっぱり蕎麦は日本酒よね。純米酒だとよりいいね。

できれば「ひや」、常温のお酒が蕎麦の時はいいね。

 

ずずっとすすって御酒をぐびり。

ほんとうに汁も色は濃いけどそのぶん切れてくる味で好き。

 

蕎麦は蕎麦の香りと汁の香りが口の中をスピード感をもって過ぎて行くのが大好き。

やっぱりお蕎麦好きだなぁ。

 

最近は店のある通りがガラが悪くなって何回も嫌な事件があったようで、

もう遅い時間はやらない!と

16時までしか営業なさっておらず行くのたいへん!(号泣)

 

お店のおかあさんはオサレなアシンメトリーなショートカットで

この辺の30年くらい前の話をするのが楽しいです。(基本おしゃべりじゃない方だけどね)

 

蓮玉庵の先にあった池之端の藪蕎麦も閉めちゃったし

いろんな老舗がなくなっていくのでなんとか蓮玉庵は無くならないでほしい。思い出もいっぱい・・・・。

 

蓮玉庵から大きい通りを挟んで向かい側にある菊季(きくすえ)。

菊季の社長に見繕ってもらって

2年くらい前に新しく刺身包丁のタコ引きを新調したのだけれど

お店閉まってた・・・・・・・。(号泣)

最近はたこひき使う人なんていなくなったんだよね~といいつつ、

水野さんという良い刀鍛冶の方のを選んでいただきました。

 

父の実家の彫金士さんたちが彫金用の刃物を誂えてもらってたっていうのに・・・。
(父の実家の家業はとっくにバブル崩壊してつぶれてるけどね)

とつてもさみしいです。。。

 

私だけが古いのかなぁ・・・。

ぜひぜひ若い方たちにも老舗好きになってほしいヨシカワさんでした。

結構たのしいよ=!