世田谷区・千歳烏山のイタリアン「のんとろっぽ」からお知らせ

Festa dei tartuffi bianchi 白トリュフ祭り2019

お待たせ致しました!今年もやってまいりました!

「白トリュフ祭り」‼

11月22日(金)~なくなり次第終了です!

 

写真↓↓は去年のおトリュフ様。今年のは21日木曜日にのんとろっぽご来店予定。

今年のおトリュフ様の出来はまぁまぁの模様・・・・。自然のものですからいい年もあればそうでない年もあります。

でもでも食べない年なんて考えられません!そうです、一度嗅いだらやめられないのがトリュフなんです。・・・・なんて恐ろしい子!

 

のんとろっぽの白トリュフ祭りはなんと!1gより自分でお好きなだけかけていただけます!写真の分量で1gくらいでしょうか。かなりたっぷりかかっているかと思います。

1枚一体いくらなのかしら‥‥というご心配はいりません。一枚だけかけるのは0.1gにも満たないのでそれはさすがに計測不可能なので勘弁してください(泣)。

今年は世界最高峰の産地、アルバ産を1g/900円でお出しします!

トリュフそのもののご予約も1個約30gから承っております。今年は取れ高がかなり悪いのでトリュフそのもののご予約をお考えの方はお早めに予約していただかないと手に入らないかもしれません。。。。

またトリュフにあわせたコース(要予約)もご用意しております。

もちろん!ア・ラ・カルトの料理に合わせていただいても結構です。

下記のトリュフ犬マークの付いた料理がよりトリュフにあう料理となっております。

 

ダメ人間製造スイーツ、おトリュフモンブランもご用意しますよ☆

 

すでに22日(金)~テーブル席が埋まってきております。

ご予約はお早めに!

お電話またはこちらからもご予約可能です。×がついていてもお席がご用意できる場合がごさいます。お気軽にお問い合わせください。

https://select-type.com/rsv/?id=mrQmu-9cvlI

 

のんとろっぽ20周年パーティーまであとすこし!

のんとろっぽ、とうとう11月1日に20周年を迎えます。

今日が30日だから明日、そして明後日には20周年です。

そして11月3日(日)は20周年パーティー!→のんとろっぽ20周年パーティーについてはこちら

すぐ来るよ!(汗)

本日は印刷物祭りでした。まだ残ってるのだけれどね。

のんとろシールを印刷しまくり!プリンターが古いから(冷や汗)インクが綺麗に出なくて大変だった・・・・。

出欠表も出来上がったし、受け付けはかわいいお嬢さん方に頼んだし、進行もぎゅうぎゅうだけれどまとまってきたし…。まだぐずぐず悩んでるの?とか言ってはいけません!

レストランとしての通常業務をしながらの準備なんですから!(言い訳・・・・。)

今一番の心配はいろいろなものの配達がきちんとあと何日かで揃うのかどうかだけ。。。配送物はいつも心配よね。

 

余興等もいい感じにまとまってきていると思います。

きっと楽しい会になると思います!楽しみにしてらしてくださいね!

 

もちろんおしゃべりしたりない方のために2次会も千歳烏山でご用意しております。8時から¥5000くらい?幹事さんをしていただいている方がいらっしゃるのでついて行ってください

 

あとは自分の当日の問題だな・・・・。

着物の半襟もつけたし!あとは帯締めの房を綺麗にしなおそうかな。

11月3日は晴れ予定!でも最低気温が9度!寒そうだから道行出しておこう。(←2年前のペタンクで11月3日、初雪降って寒かったからとってもビビリ)

当日、楽しみにしております!

しゅわしゅわマチュザレム2019

お待たせいたしました!10月22日(火)!18時から!

しゅわしゅわマチュザレム2019

8本分のシャンパン、マチュザレムを飲む会です!!

大きければ大きいほどおいしいシャンパン。初めて呑む方はそのおいしさのとりこになることでしょう!

移動や温度差など外的要因に弱いシャンパン。おおきいとその影響を受けにくく、まるでシャンパーニュ地方で呑むかのように泡もクリーミーで驚くほど軽いのがそのおいしさです。

泡もの苦手なのよね、とおっしゃっていた方もあまりのおいしさにもっともっと!となっていらっしゃいました。

12名様ほどの着席パーティーをいたします。18時からマチュザレムを開けてシャンパンに合わせた料理をお出しします。

お一人¥12,000 (シャンパンは約4杯くらい)

マチュザレムを飲み終えたあとは普段通り、グラスワインや食後酒なども召し上がっていただけます。

ご予約お待ちしております。

03-5313-3339

 

※ご予約は先着順にて承っております。

メール等のご連絡の場合お返事が遅れることがございます。ご心配な時はお電話いただけると安心です。

 

のんとろっぽ20周年パーティーのおさそい

enoteca non troppo
20° Anniversario
のんとろっぽ20周年パーティー

皆様のおかげで20年を迎えることができました
感謝と共に楽しい時を過ごしたいと思います

 

「なんて素敵なことだろう、
たっぷり食べて、ぐっすり眠り
そして肥え太るのは・・・・
なんて幸福なことだろう、
これだけでは満足できないとは」

 

2019.11.3(日) 17:00~
場所 府中コンチネンタルホテル 楓の間
会費 お一人¥10,000(カード不可)
お子様はご相談下さい
10月18日(金)までに参加の是非をご連絡下さい

03-5313-3339
info@non-troppo.tokyo

夏休みはBar non troppo2019 ナポリ祭り

お暑う御座います。35度越えの日が続きますね。

毎年ちょっとずつさらに暑くなってきている気がするのはわたしだけでしょうか。

今年もお盆恒例のバール営業をいたします。

8月14日(水)~8月17日(土)

17:00~21:00

今回のテーマはナポリ祭り!南イタリアのカンパーニア州!

ナポリ地域の料理とワインをメインにご用意いたします。

ワインはもちろん、飲み物はすべて¥500‼おつまみは¥300よりご用意いたします。

ナポリと言えばピザが有名ですがそれ以外にもたくさんのおいしいものがあります。

ナポリ地域には青の洞窟で有名なカプリ島も入ります!カプリにはナポリから向かう船が有名ですね。

先日のんとろっぽ日曜俱楽部「旅するイタリア料理vol.2 カプリ島」でお出しした料理も小皿にて出す予定です。

※期間中はご予約を承っておりません。ご了承ください。

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

詳しい情報は随時更新してまいります。

関連記事↓↓

「旅するイタリア料理vol.2 カプリ島」

旅するイタリア料理vol.2 カプリ島 ありがとうございました。パスタからデザートまで。

先週日曜日、のんとろっぽ日曜俱楽部

旅するイタリア料理vol.2 カプリ島

ありがとうございました。よく飲みよく食べました!

前回の前菜までのご報告はこちら→

旅するイタリア料理vol.2 カプリ島 ありがとうございました。前菜の巻

さてさて、続きはパスタ類、プリモ・ピアットです。

前回「パスタ」は生地という意味だとお話しましたが、そういう話で言うとイタリア人にとって、特に南イタリアの人たちにとって「パスタ」は粉でできたものであって、たとえロングパスタであっても「麺」ではないのです。

わたしたちアジア人にとっては「麺」はすする物ですが「パスタ」は「粉」で「生地」なので「噛むもの」です。よく言う「アル・デンテ」とはal dente 歯にあたる、という意味なのでしっかり「噛む生地」で「粉」を味わうものなんです。

スイスに住んでるゆみちゃんは前にジェノヴァのレストランであまりにも固い極細パスタ、ヴェルミチェッリを食べたとき、茹だってない!と怒っていましたが(笑)まあ、ゆみちゃんの気持ちもわかるんだけど特にそのヴェルミチェッリというパスタは本当に「バリ堅」で「粉落とし(笑)」で粉の味と楽しむものだと、はっきりわかった時でした。

今回のパスタもよくよくそれを踏まえた上で「バリ堅」デス。

カプリ島の隣のプローチダ島の地方料理、レモンのスパゲッティです。ディチェコのNO.11 spaghettiniスパゲッティーニ(スパゲッティちょっと細い)を使ったんですが通常袋にはゆで時間9分とありますが、今回は6分であげてゆで汁とともにレモンのソースとしっかり和える!と噛む感じアピールしてみました。麺のしなり具合がふねふねじゃないでしょ?しっかりレモンが香って噛むとよりクリーミーでむちゃくちゃ美味しかった!ピンクペッパーもナイスアクセント!

特にこれとグレコとぴったりでした!ソムリエ塩田もあまりの相性の良さにビツクリしていた(笑)

左から2番目ね。サッパリなんだけどちょっとナッティーなのがよかったのね。

みんなもグレコと一緒に食べてるね~。

そしてもうひとつはラビオリ・カプレーゼです。

これもやはり粉文化の地域、ラビオリの生地に特徴があります。

粉にラード(!!)を入れて、そしてお湯(!!!!!)で生地を練ります。こんな作り方初めて!ちょっと中華の生地にも似た作り方ですね~。お湯なんで水で寝るよりすごくグルテンが出るんですがラード、つまり油分が入ることで生地の伸びもよくなります。なんでモチモチ系の生地なんです。おもしろいね~。

その生地でリコッタチーズとパルミジャーノレッジャーノ、マジョラム、卵、カチョッタと言われる羊のチーズを包んでいます。周りのトマトソースはこれまたびっくりなんだけどニンニクや玉ねぎ、香味野菜はいっさいいれずオンリートマトをゆっくり煮詰めたもの。ゆっくり煮詰めてソースにすることでトマト甘さが引き立ちます。これもおいしかったな~。

そして主菜!

魚料理は「イカじゃが」‼Totani e patateトターニ・エ・パターテ、その名も「スルメイカとじゃがいも」デス!シンプルだけどおいしいー!

イタリアではヤリイカやスミイカがよく使われるんですが、わざわざ「スルメイカ」指定。こんかいはスルメのちいさめのイカ、麦イカを使いました。トマト味なんだけどなんだかちょっと懐かしい味。ほっこりします。

そしてイスキア島風ウサギ。1羽を10個のぶつ切りにするべしと書いてありましたがもう少し食べやすく小さくしました。骨から出る旨みと焼けた部分の旨み、トマトとオリーブオイルと混ざったうさちゃんも大変おいしゅうございました。やっぱうさちゃん好きだな~。筋肉質で旨みは濃くて、つまった身質。でもたんぱく目。そこが好き♡日本人も昔は結構食べてたのにね~。またやります。

そして最後はデザート!

トルタ・カプレーゼです!料理名のカプレーゼ何回目?ぷぷぷ、カプレーゼがカプリ風とかカプリ島のって意味だからしょうがないね(笑)

チョコレートとアーモンドのモロモロ系のケーキです。大好きなんだな、これ。今までも何回かつくっているけど、おいしいね~。イタリアのケーキはシンプルで素朴だけれど、ある意味洗練されてて、飽きがこないよね。

それにしても、いや=よく食べました~。

カプリ島、海を望める観光スポットの100年以上動いているという島から降りてくるリフトは絶対そろそろ壊れると思うから乗らないけど(笑)青の洞窟で海に飛び込むオプショナルツアーもしないけど(泳げないから)、カプリ島行きたいですな。

おいしゅうございました。勉強になりましたー。

また次回もよろしくお願いいたします。