世田谷区・千歳烏山のイタリアン「のんとろっぽ」からお知らせ

来週23日火曜日より「アルプスの麓ヴァッレ・ダオスタ」

いよいよ来週火曜日より「アルプスの麓ヴァッレ・ダオスタ」です!

どんな料理!?どんな地方!?ってなっているかと思います。

イタリアの端っこ、フランスとスイスとイタリアの狭間の地域です。

山スキーがお好きなかたにはお判りでしょうが、モンブランの近く、ツェルマットやシャモニー(ここは昔ギィ・マルタンがいたところ、そしてムートン・ロートシルトの絵を描いたバテュルスの家もあった気がする)のイタリア側デス。

なので冬は長くこんな感じ!

たいへ~ん!!なので当然お肉主体。そして乳製品。濃厚で体の温まるような料理が多いです。

野菜も少なく、栗やじゃが芋のように保存がきくとうもろこし粉を練ったポレンタ、チーズをつかった料理が多いのが特徴です。またスイスやフランスの影響も受けた料理や特産品のリンゴのお酒、シードルも有名です。

今回お出しする料理を少しご紹介。

まずはラルド‼パンチェッタのように塩漬けして干したサラミの一つです。こんな風に栗の蜜煮と一緒に食べるそう。

のんとろっぽでは馬(寒いところなので馬やシカ、カモシカもよく食べます)の生ハムとマロンサカイ(のんとろっぽお気に入りの有機栗農家)の栗の蜜煮を一緒に盛り合わせます!

 

おいしそ~!!

それからフォンドゥータ!これは外せません!イタリア版チーズフォンデュです!

卵を入れてコクだしして、ブリオッシュ(フランスのバター多めのパン)で食べるのがヴァッレ・ダオスタ流。スイスの食べ物チーズフォンデュのイタリア版にブリオッシュ。国が混じってる感がありますね。

ちなみにスイスはエメンタールチーズやグリュイエールチーズで作りますがヴァッレ・ダオスタはフォンティーナと呼ばれるチーズです。

あとは肉の煮込みとポレンタ!

おっとじかんが!

アラカルトでも大丈夫なのでご予約なしでも大丈夫です!お待ちしております☆

ニワムシクイっていう鳥の名前のイワシ料理

ここのところイワシが好調です♡

最近は大きくて皮をむいたら脂で真っ白なイワシ君が流行っているそうだけれど(見た目が派手だから)ちょっと味がぼやけるというか、おおざっぱなのよね。

だから本当は小さくてプリッとした子が香りも旨みも素晴らしいのよね。魚へんに弱いってイワシは書くけど目がランランとしている子は弱ってぐねぐねしたりしません。

かわいいでしょ?ヒラメもタイも高級魚もおいしいけどこういうのも本当、みんなに愛されてほしい魚の一つ。味わいは負けていません!(重よしさんだって結構使ってる)

子供のころから酢じめも目刺も、塩焼きも煮つけも大好き♡何してもおいしいよね。(ちなみに30年くらい前までは脂びっしりの20㎝越えの大きい子なんてあんまり見なかったけどなぁ)

さてさて、おいしいイワシは日本だけじゃなくてイタリアでも愛されています。

今日はシチリア料理に。イワシのベッカフィーコ。ベッカフィーコは鳥の名前です。(日本名はニワムシクイ名前可愛くない(笑))↓ イワシでパン粉を巻いてオーブンで焼いた料理です。

このしっぽがイワシの背びれを巻いたところと似ているのよね。

パン粉も(もちろんのんとろっぽのパン粉はうちで焼いたパンから作ってますよ~)シチリアでは乾煎りして香りをだして(金色にはしない、と注意書きあり)シチリアらしい松の実と干しブドウを入れて作ります。

この乾煎りしたパン粉をシチリアでは「モナコの法衣」と呼ぶらしい。なぜ。。

松の実とブドウが落ち着いた香ばしい「モナコの法衣」と相まって素晴らしい香りです。地味だけどこういう仕事も大切よね。

レモンをぎゅっと絞ってオリーブオイルをかけてオーブンへ!

召し上がれ~!

アルプスの麓ヴァッレ・ダオスタ のんとろっぽ日曜俱楽部

10月ののんとろっぽ日曜俱楽部は23日火曜日より28日日曜日まで

「アルプスの麓ヴァッレ・ダオスタ」です。

アルプスの麓、モン・ブランやモンテ・ローザなど名だたる名峰に囲まれたヴァッレ・ダオスタ。

アルプス越えの要所として歴史あるヴァッレ・ダオスタはいろいろな国の影響を受け、イタリア版チーズフォンデュ「フォンドゥータ」や珍しいブドウ「フミン」をつかったワイン、リンゴのお酒として有名なシードルなど、北イタリアでも特徴的な食事の地域です。

いつもののんとろっぽのグラスワインやメニューの中にヴァッレ・ダオスタのワインや料理をご用意いたします。

ヴァッレ・ダオスタ料理のコースを頼むもよし、1皿、1杯とすこしだけアルプスを感じるもよし、お好きにご利用ください。

期間中はいつもの料理やワインもご用意いたします。お気軽にいらしてください。

 

明日から夏のベネチア料理『バーカロの夕べ』!

クモガニ。

ながらみ。

ばち海老。

 

コラーゲンでとぅるんとぅるんなアキレス腱のサラダや

イカの墨煮、ベネト地方のチーズにサラミ。

明日からの夏のベネチア料理『バーカロの夕べ』のちいさいおつまみチケッティで

お出しします!イエィ!

ワインもベネト地方をメインに

もちろん食前酒やスプリッツ類も充実!

私の好きなのはチナール(アーティチョークのリキュール)を

白ワインと炭酸で割った飲み物!消化促進効果あり!

 

オススメはレモンのふわふわソルベをプロセッコで割ったふわふわシェークのような

ズグロッピーノ♡

暑い日には最高デス

ふわふわレモンソルベもうすぐできるヨ

明日5時~!

明るい時間からチョイ飲みチョイ食べ♡

 

夏のベネチア料理 『バーカロの夕べ』

来る7月15日(日)と16日(月)秋分の日の振り替え休日は

のんとろっぽ日曜俱楽部、

夏のベネチア料理『バーカロの夕べ』です!

17時から!

ワインと収穫の神、バッカスからその名のついたベネチア風居酒屋『バーカロ』。

小さなワイン『オンブラ』と小さなおつまみ『チケッティ』を

ピンク色の夕焼けとともに17時からのんびり楽しみましょう。

『バーカロ』ってこんな感じ!>>https://www.google.co.jp/search?q=bacaro+venezia&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiL8cPXxIfcAhXBl5QKHbpqAUcQ_AUICygC&biw=1707&bih=793

正しいバーカロは気の古い感じがあって暗くて

にぎやかで気の置けない早い時間から楽しめるところ。

(暗いって・・・・イタリア人は無駄に電気をつけるのをもったいないと思うからかしら?)

 

『オンブラ』

イタリアでもっとも暑いとされるベネチア。

(イタリア人にとっては湿度が高い=暑いというイメージなの)

ベネチアの象徴サンマルコ広場で塔の影にあわせて

涼むためのワインを売ったのが始まりだとか。

安い地ワインを『オンブラ』ombra=日陰と呼び始めたきっかけらしい。

暑いもんね~暑いとしょうがないよ、うん。

のんとろっぽも『オンブラ』、ご用意いたします!

それ以外のワインもこの時はベネト地方のワインをそろえる予定です。

 

『チケッティ』

ラテン語のちいさいという意味からの派生した一口サイズのベネチア風おつまみ。

チケッティってこんな感じ!>>https://www.google.co.jp/search?biw=1707&bih=793&tbm=isch&sa=1&ei=CNY9W4nWD4Oq0gTVlq2QDA&q=cicchetti+venezia&oq=ci+venezia&gs_l=img.1.0.0i7i30k1l10.312771.316752.0.320173.8.8.0.0.0.0.221.777.7j0j1.8.0….0…1c.1.64.img..0.8.776…0j0i7i5i30k1j35i39k1.0.ML-2yi4ySxA

パンを下に敷きたがるのは中世から皿の代わりに敷いてきたからなのかしら?

特に伝統的なベネチア料理をちいさく一口サイズでたくさんご用意する予定です!

水の都、ベネチアはね、魚介料理が豊富。タラやイカ墨、海老!

楽しみにしててください。

 

それからそれからバーカロではアペリティーボ!食前酒飲みましょう!

おなじみカンパリやチナール(アーティチョークのリキュール)を

白ワインやガス水で割って気軽に飲むのがベネチア人のおこのみ♡。

ぜひやってみてね

のんとろっぽのブログ復活しました

皆様お待たせいたしました。

のんとろっぽのブログが再開しました!

良かった。ほっ。

とりあえず今後ののんとろっぽ日曜俱楽部の予定です。

7月15日(日)16日(月祝 海の日)は夏のベネチア料理『バーカロの夕べ』。

17時よりピンク色の夕焼けと共にスタートしたいと思います。

詳しくは次のブログにてお伝えします。

8月のお盆時期はまたバール営業も検討しております。

9月24日(月祝 秋分)の日振替休日は第6回大人の発表会です。

今回は大きなホールをお借りしましたので

たくさんのご出演また聞きに来てくださる方をお待ちしております。

こちらもブログに随時更新してまいりますのでよろしくお願いいたします。

取り急ぎ新しいブログ、ご連絡までに乱筆乱文にて失礼いたします。

のんとろっぽ

吉川