世田谷区・千歳烏山のイタリアン「のんとろっぽ」からお知らせ

アブルッツォ州の名メーカー チトラ

新しくアブルッツォ州の名メーカー、チトラのワインを仕入れました。

アブルッツォ州の土着品種を洗練したワインに仕立て上げる「チトラ」。

のんとろっぽで仕入れた白ワインと赤ワインをご紹介します。

 

ニーロ ペコリーノ IGT (写真右)

「ペコリーノ」というとイタリアでもっとも古い羊のチーズで地方ごとにペコリーノ・○○(大概地域の名前)というチーズがた~くさんあります。そう、この葡萄も羊から名前がついているのです。羊に食べさせていたブドウがこのペコリーノ種だったとか、羊飼いが売っていたチーズと葡萄の苗がこのペコリーノ種だったとか、葡萄の名前の由来には色々説があります。

普通、このペコリーノという品種のワインはよく言えば爽やかで軽くてさっぱり!という印象ですがその分深みに欠けるワインも多いのです。羊に食べさせていた説から察すると偉大なワインになりにくかったのかな~なんて憶測してしまいます。

ですがこのチトラのニーロはペコリーノなのにボディがしっかり。酸味のある南国フルーツのような香りの後、セージやラベンダーのようなハーブの花の香り。余韻が長く、最後は野菜の芯のようなミネラル感が続きます。

アドリア海からイタリアでもっとも高い山脈のひとつ、アペニン山脈へと抜ける風のようなすがすがしい飲み口です。海沿いはムール貝などの海産物も有名でまさに「地中海式食事」的な雰囲気が溢れます。

魚料理全般に合います。かなりしっかり目の味わいの料理でもぴったり。

 

カローソ モンテプルチアーノ ダブルッツォ DOP リゼルバ(写真左)

果実味たっぷりで大柄な印象のあるモンテプルチアーノ種ですが、深みのあるガーネット色、プラムとベリーのかおりはフランスのボルドー、ポムロールのような落ち着いた雰囲気。

味わいはまさしくイタリアワインらしい果実味とタンニン。骨格がしっかりして長い余韻が素晴らしい。ソムリエ塩田は非常に感心しておりました。ぜひともオールドヴィンテージをのんでみたいワインです。

アブルッツォ生まれ、アブルッツォ育ちの「チトラ社」イラリアが千歳烏山まで来てくれました。美人さんの彼女に地方料理で何が一番好きか聞いたところ、(年をとった)羊の串焼き。シンプルに塩で網焼きにしてオリーブオイルをかけて食べるといっていたけれど、炭の香りや羊の旨みにこのカローソはぴったりだと思います。

海から山へ向けてなだらかな丘が続くアブルッツォ。牧羊とハーブ、地中海のかおりに親しみを覚えられると思います。

プレミアムワイン ベルターニ アマローネ・クラシコ

6月27日木曜日から五感をフルに刺激するプレミアムワインと3種の味が楽しめるフードアリングセットをご用意いたします。

6月は自然を尊重し、大地と葡萄とともに生きるベルターニのアマローネ・クラシコをのんとろっぽでリラックスして味わっていただけます。

150年以上の歴史を誇るアマローネの名門ベルターニの最高傑作

ベルターニ社の最高傑作であるアマローネ。長い陰干し、ゆっくりとしたアルコール発酵、そして6年の樽熟成を経て造り上げられました。長い熟成から醸し出された重厚な味わいと、果実の強く芳醇な香りが感じられるエレガントで官能的なワインです。どんなワインの後に飲んでも負けない唯一の個性をもっています。

そのアマローネ・クラシコに3種の味をお楽しみいただけるフードペアリングをご用意いたします。

フードペアリングについてはこちらから

 

グラス一杯 + 3種のフードペアリング ¥5,000  用意数がなくなり次第終了いたします。

ご予約はお電話03-5313-3339またはこちらから→https://select-type.com/rsv/?id=mrQmu-9cvlI

さーむーいー!こういう時は煮込みとワインでしょ。

みなさまも忘年会でお忙しいのでは?ありませんか?

昨日くらいから急激に冬らしくなりましたね。今日からダウン着ています。着物用のコートも出しました。

うちの近所ではまちがって20度越えの秋の時分に生まれてきた小鳥ちゃんたち(セキレイやヒヨドリなど)がちいさくふっくらした姿でその辺にいるのを見ると冬が越せるか心配になってしまいます。。。

みなさまも忘年会に寒さに体調管理にお気をつけてくださいね。

のでので、今日は鴨のロールキャベツと牛ほほの煮込みを仕込んでおりまする。あったかい煮込みがおいしい季節です。

 

牛ほほの煮込みにぴったりののんとろっぽで人気のワインをご紹介します。

Canace カナーチェ

Cantina Diomede カンティーナ・ディオメーデ

イタリア/プーリア

Nero di troiaネーロ・ディ・トロイア

イタリアのかかと当たりプーリアのワインでnero di troiaネーロ・ディ・トロイアというブドウを使っています。

太陽を一身に浴びたブドウを使った味わいは濃厚、濃い果実。特徴的な東洋系スパイス(クローブ。シナモン、八角、胡椒)の香り。そして果実と皮や種のエキスからくる果実味の甘さと苦みビターチョコとエスプレッソ。濃厚なのにタンニンは強くなくのど越しは重くないという大変人気のワインです。

 

これに合わせてレシピを作ったのがのんとろっぽで今お出ししている牛ほほの煮込みデス。

牛ほほをしっかり焼いた後、シンプルに玉ねぎとスペック(イタリアの加熱ハム。今回は燻製がかかっているものを使用。→エスプレッソやチョコレートの香りに合わせるため)を炒めてたっぷりの赤ワインのみで煮込みます。使用するスパイスもローリエの他には前出↑↑のクローブ、シナモン、八角、胡椒。それに加えてほんの少しカルダモン。

見た目は普通の牛ほほ煮込みです。が、自分で言うのもなんですが本当にカナーチェの香り!マリアージュについてはみなさまびっくりするほどピタッととおっしゃいます。ぜひぜひお試しあれ。

おうちに帰る前にのんとろっぽで煮込みとワインで一息、いかがかしらん。

 

~のんとろっぽからのお願い~

のんとろっぽのクリスマス、ご予約徐々に頂戴いたしております。近年、「○○日空いているかしら?」とお問い合わせをいただいた後、「また後日連絡します」とおっしゃって下さったお客様が予約したものと誤解なさって当日いらっしゃるケースが大変増えております。もちろん席が空いていれば、いつでもご案内したいのですがクリスマス、また年末は混みあっておりますのでどうにもならないことも少なくありません。ぜひお気をつけてくださいね。クリスマスメニューはこちら→クリスマスメニュー

☆クリスマスの予約状況☆12月11日(火)現在

22日(土)残りわずか

23日(日)△

24日(月祝日)〇

熟成のキャンティ・ルフィーノ・リゼルバ2000  ポッジョ・グアルティエリ

CHIANTI RUFINA RISERVA 2000

キャンティ・ルフィーナ・リゼルバ 2000

Poggio Guartierifile

ポッジョ・グアルティエーリ

Fattoria di Grignano

ファットリア・ディ・グリニャーノ

Glass ¥1000    1/2¥ 500

キャンティ・ルフィーナ・リゼルバ2000大変だったイベントも成功に終わり、みんなと楽しく打ちあがって本当に良かった。満足感と疲労が気持ちよく混ざった後味を感じながら帰路につく。

その余韻に浸って静かにおいしいワインをゆっくり味わいたい。そういう時におすすめのワインです。

ワインとゆっくり語り合うのにふさわしい熟成。

イタリアワインとしてはど真ん中直球のキャンティですが18年の熟成という時間がしっかりとした出来だった2000年ミレニアムビンテージもようやく飲み頃に入ってきました。本来の力強さ、タンニンもこなれてきて深みをまし、クラシックなスタイルの頼もしさを感じます。

香りはかわいらしい早飲みタイプワインと違って土やキノコ、枯れたハーブのような落ち着き。古風なたっぷりとした澱。だが色合いはまだ濃い。

シンプルにハードチーズやグリルした肉、ジビエなどを食べたくなる。

青銅器時代から人が住み始めたグリニャーノ。ローマ時代には城が立ち、メディチ家の庇護のもと作られ続けてきたキャンティ・ルフィーノ。これからも続く落ち着きとエネルギーを感じるそんなワインです。

 

 

 

おすすめ赤ワイン

ワイン情報を配信します