世田谷区・千歳烏山のイタリアン「のんとろっぽ」からお知らせ

今日のグラスシャンパン ブルーノ・パイヤール

今日のグラスシャンパーニュは久しぶりにブルーノ・パイヤールです。

バランスの良さと泡の柔らかさ。3つ星レストラン御用達のシャンパンですね。

個人的にはジョエル・ロブション系のお店で必ず置いてあって、(カフェでもラトリエでもシャトーレストランでも)いつも飲んでいました。ロブションもこのブルーノ・パイヤールがお気に入りだったと思います。そういえば、ロブション・ブティックでも売っていましたね。

懐かしス。

伝説的な人でした。

愛読書↓↓

若かりし日のジョエル・ロブション↓↓

何回読んでも勉強になります。

ブルーノ・パイヤールはその貴族的な雰囲気が彼もお気に入りのところだったのかなと、思います。

ぜひ。

イタリア料理のあとは、…食後酒も充実!

のんとろっぽではおいしいイタリア料理とワインの後に、食後酒もご用意しています。

のんとろっぽのおいしい食事のあと、もう少し~まったりしたいのよね、とか

楽しい食事の時間をあとちょっと引き延ばしたい時にも、

もしくはお寿司や飲み会の後に、気分転換にのんとろっぽに寄ったり、という時もおススメです。

もちろん、ワインでまったりもよいのですが、お好きな方は食後酒でしめたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな時にぜひどうぞ。

左から

キングスバリー・ビクトリアンバット・ジン イギリス ロンドン

通常の倍量使われたジュニパーベリーのさわやかな香りが印象的なジンです。のんとろっぽではこのジンを使ったジン・トニックが大人気です。

リュルトン・ソルジン フランス ボルドー 新入荷

このジンの面白いのはジンとボルドーのソーヴィニョン・ブランの蒸留酒(マールやグラッパのようなもの)を合わせたところ。白いブドウ、サクランボのリキュールのような香り。飲み心地は軽く、おしゃれ。このジンを使って女性でも飲みやすいようなマティーニをつくってみたい(ソムリエ塩田談)。

アルマニャック 1989 再入荷 フランス

貴重なヴィンテージ・アルマニャックが再入荷。香りも味わいも申し分なし!

ハイランド・パーク 12年 スコットランド

だいたいウィスキーのボトルのデザインが変更されると前よりおしゃれじゃなくなることが多いけれど、新しいボトルもこれはおしゃれ(ソムリエ塩田談)。ウィスキー評論家のマイケル・ジャクソン氏もおすすめのバランスのいい、シングルモルトです。

ぜひぜひ味わってください。

ベルターニ アマローネ・クラシコとフードペアリング

「’09はこの10年の間でもっともすぐれた出来だ。」

長い熟成を経て蔵出しされるアマローネ。ベルターニのエノロゴ、つまり醸造責任者クリスティアン・リドルフィは2009年のこのアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラをこう評します。

ベルターニはヴァルポリチェッラ種のブドウを自然環境のもと陰干しに4か月、そして通常2年の樽熟でアマローネを法的に名乗れるのにも関わらずこの2009年は7年も大樽で熟成、さらに瓶内での熟成を1年かけて作られました。

丁寧に扱われ選別されたヴァルポリチェッラは凝縮し、20年、30年と長期熟成に耐えられるワインとなるのです。

そんなプレミアムワインをフードペアリングとともにどうぞ。

 

今回のフードペアリングは3種類。

左から

パルミジャーノレッジャーノと馬肉のタルタル

穴子の燻製 トレビスのリゾット

黒豆とチョコレートのトルタ

エキスの濃いアマローネに合わせて旨みの濃い料理をご用意しています。

一口ごとにいろいろな香り、風味がアマローネの味わいを楽しめます。

贅沢な一杯をどうぞ。

プレミアムワイン ベルターニ アマローネ・クラシコ2009  グラス + 3種のフードペアリング

¥5000

アブルッツォ州の名メーカー チトラ

新しくアブルッツォ州の名メーカー、チトラのワインを仕入れました。

アブルッツォ州の土着品種を洗練したワインに仕立て上げる「チトラ」。

のんとろっぽで仕入れた白ワインと赤ワインをご紹介します。

 

ニーロ ペコリーノ IGT (写真右)

「ペコリーノ」というとイタリアでもっとも古い羊のチーズで地方ごとにペコリーノ・○○(大概地域の名前)というチーズがた~くさんあります。そう、この葡萄も羊から名前がついているのです。羊に食べさせていたブドウがこのペコリーノ種だったとか、羊飼いが売っていたチーズと葡萄の苗がこのペコリーノ種だったとか、葡萄の名前の由来には色々説があります。

普通、このペコリーノという品種のワインはよく言えば爽やかで軽くてさっぱり!という印象ですがその分深みに欠けるワインも多いのです。羊に食べさせていた説から察すると偉大なワインになりにくかったのかな~なんて憶測してしまいます。

ですがこのチトラのニーロはペコリーノなのにボディがしっかり。酸味のある南国フルーツのような香りの後、セージやラベンダーのようなハーブの花の香り。余韻が長く、最後は野菜の芯のようなミネラル感が続きます。

アドリア海からイタリアでもっとも高い山脈のひとつ、アペニン山脈へと抜ける風のようなすがすがしい飲み口です。海沿いはムール貝などの海産物も有名でまさに「地中海式食事」的な雰囲気が溢れます。

魚料理全般に合います。かなりしっかり目の味わいの料理でもぴったり。

 

カローソ モンテプルチアーノ ダブルッツォ DOP リゼルバ(写真左)

果実味たっぷりで大柄な印象のあるモンテプルチアーノ種ですが、深みのあるガーネット色、プラムとベリーのかおりはフランスのボルドー、ポムロールのような落ち着いた雰囲気。

味わいはまさしくイタリアワインらしい果実味とタンニン。骨格がしっかりして長い余韻が素晴らしい。ソムリエ塩田は非常に感心しておりました。ぜひともオールドヴィンテージをのんでみたいワインです。

アブルッツォ生まれ、アブルッツォ育ちの「チトラ社」イラリアが千歳烏山まで来てくれました。美人さんの彼女に地方料理で何が一番好きか聞いたところ、(年をとった)羊の串焼き。シンプルに塩で網焼きにしてオリーブオイルをかけて食べるといっていたけれど、炭の香りや羊の旨みにこのカローソはぴったりだと思います。

海から山へ向けてなだらかな丘が続くアブルッツォ。牧羊とハーブ、地中海のかおりに親しみを覚えられると思います。

プレミアムワイン ベルターニ アマローネ・クラシコ

6月27日木曜日から五感をフルに刺激するプレミアムワインと3種の味が楽しめるフードアリングセットをご用意いたします。

6月は自然を尊重し、大地と葡萄とともに生きるベルターニのアマローネ・クラシコをのんとろっぽでリラックスして味わっていただけます。

150年以上の歴史を誇るアマローネの名門ベルターニの最高傑作

ベルターニ社の最高傑作であるアマローネ。長い陰干し、ゆっくりとしたアルコール発酵、そして6年の樽熟成を経て造り上げられました。長い熟成から醸し出された重厚な味わいと、果実の強く芳醇な香りが感じられるエレガントで官能的なワインです。どんなワインの後に飲んでも負けない唯一の個性をもっています。

そのアマローネ・クラシコに3種の味をお楽しみいただけるフードペアリングをご用意いたします。

フードペアリングについてはこちらから

 

グラス一杯 + 3種のフードペアリング ¥5,000  用意数がなくなり次第終了いたします。

ご予約はお電話03-5313-3339またはこちらから→https://select-type.com/rsv/?id=mrQmu-9cvlI

初夏の日差しにドイツとオーストリアのビオワイン

初夏の日差しに! ドイツとオーストリアのビオワイン。
エレガントでピュアな酸とミネラルが際立った爽やかな自然派ワイン。

左からグリューナー・フェルトリーナー・ランゲンロイス2017 ヴェスリ オーストリア

グリューナー・フェルトリーナー・プールス2015 ヴェスリ オーストリア

ジーファースハイム ヴァイスブルグンダー2017 ヴァグナー・シュテンペル ドイツ

シルヴァーナー トロッケン グーツヴァイン2017 ヴァグナー・シュテンペル ドイツ

 

昼間の疲れをいやす身体にしみいるようなおいしさ
とうもろこしババロアやイサキカルパッチョ。

石山さんのトマトのスパゲッティにどうぞ。