世田谷区・千歳烏山のイタリアン「のんとろっぽ」からお知らせ

アオスタ渓谷の古い名前を持つリンゴのシードル「マレイ」

Cider du Saint Bernard

シードル・ドゥ・サン・ベルナール

Maleyマレイ/イタリア/アオスタ州

Glass¥700

アルプスの麓、モンブランとその山々に囲まれたこの地域は厳しい傾斜によるまぶしい太陽と標高の高さからくる寒暖差の激しさがおいしさを作っています。。

 

マレイという名はアオスタ渓谷で使われてきた古い名前です。地元アオスタへの敬愛するマレイがこの地方でその昔飲まれていたリンゴのお酒、シードルを復活させました。

最も伝統的な作り方「メトド・アンセス トラル」。そして樹齢80年以上の樹のみを使用しています。

標高 1,000m の 標高の高さでカビや害虫、病気の心配もほとんど無 く害虫さえも生きられない環境。

『酸度、糖度、タンニン、1 つでも欠けていればシー ドルは完成しない。リンゴは完全に熟して自然と落 ちたものを拾って収穫する』

『培養酵母や砂糖などは足さない。アルコールが 2.5%まで上がったら冷却、フィルターに通す』

その後、ボトルに移し、更に発酵が進んでいくことで天然の発泡を手に入れる。

『この手法で醸したシードルは還元状態にある。空 気と触れさせると開き始める』

 

シャンパンは酔っちゃうから苦手!と思っている方にもおすすめです。何かを加えて発泡させたり、甘さを保っているわけではなく純粋にリンゴを発酵させただけなのに驚くほど美しい熟成した落ち着いた輝く黄金色、熟れたリンゴのの蜜の香り、なのにジューシーでフレッシュ。後口爽やか。アルコールは3%、ごくごく飲んでください。

バターとの相性抜群!まさに「アルプスの麓ヴァッレ・ダオスタ」でお出ししているイタリア版チーズフォンデュのフォンドゥータ。そしてそれに合わせて焼いたフランス風のバターと卵たっぷりのパン、ブリオッシュとのペアリングは最高です!デザートに合わせて飲んでもおしゃれです。

ホッとする、楽しくなる、自然でやさしいシードルをどうぞ。

天使だってのみたい!ファランギーナ・デル・サンニオ

こんだけ暑ければ天使だってのみたい!

cantina del taburnoのファランギーナ・デル・サンニオFaranghina del sannio!

左の天使がこっちを見てニヤリとしています(笑)

「ちょっと、ちょっとだけ」とでも言っていそう。

夏らしい麦わら色の液体からは熟れた洋ナシや桃、すこしパイナップル、そして白い花と柔らかいハーブの香り。

香りがフルーツしっかりなので甘いかと思いきや、落ち着いたさらりめのテクスチャー。さっぱり?と思いきや綺麗な酸の後に品のいい軽い苦み、そしてしっかりとした長めの余韻。

ナポリもあるカンパーニア州のベネヴェント県。beneventoとは良い風の意味。このワインのブドウ、ファランギーナはギリシャが起源の土着のブドウ。

 

モッツアレラやリコッタのようなフレッシュな牛乳のチーズ、ピザのような粉製品、トマトとの相性は抜群です。

薄いピザのような生地にブロッコリーとリコッタ、オリーブをはさんでオーブンで焼いたフォカッチャとどうぞ!

熟成のキャンティ・ルフィーノ・リゼルバ2000  ポッジョ・グアルティエリ

CHIANTI RUFINA RISERVA 2000

キャンティ・ルフィーナ・リゼルバ 2000

Poggio Guartierifile

ポッジョ・グアルティエーリ

Fattoria di Grignano

ファットリア・ディ・グリニャーノ

Glass ¥1000    1/2¥ 500

キャンティ・ルフィーナ・リゼルバ2000大変だったイベントも成功に終わり、みんなと楽しく打ちあがって本当に良かった。満足感と疲労が気持ちよく混ざった後味を感じながら帰路につく。

その余韻に浸って静かにおいしいワインをゆっくり味わいたい。そういう時におすすめのワインです。

ワインとゆっくり語り合うのにふさわしい熟成。

イタリアワインとしてはど真ん中直球のキャンティですが18年の熟成という時間がしっかりとした出来だった2000年ミレニアムビンテージもようやく飲み頃に入ってきました。本来の力強さ、タンニンもこなれてきて深みをまし、クラシックなスタイルの頼もしさを感じます。

香りはかわいらしい早飲みタイプワインと違って土やキノコ、枯れたハーブのような落ち着き。古風なたっぷりとした澱。だが色合いはまだ濃い。

シンプルにハードチーズやグリルした肉、ジビエなどを食べたくなる。

青銅器時代から人が住み始めたグリニャーノ。ローマ時代には城が立ち、メディチ家の庇護のもと作られ続けてきたキャンティ・ルフィーノ。これからも続く落ち着きとエネルギーを感じるそんなワインです。

 

 

 

おすすめワイン情報

ワインのお知らせはこちらから配信します

おすすめ泡ワイン

ワイン情報を配信します