top of page

ワインビネガーの前に使われていた酢

verjusヴェルジュ。←フランス語。緑のジュースの意味。

未成熟のワイン用ブドウの酸っぱいジュース。

おそらく摘果した時のブドウや、取り忘れちゃったりしたもの使ってたんじゃないかな。

昔はこれをお酢のようにして使ったしていました。そしてだんだんとワインビネガーへと変わっていったのではないかしら?

お酢以外の使い方だと蜂蜜やスパイスをいれて水で割って飲料水として飲んでいました。当時は生水を飲むとペストになると思われていたからね。

保存技術も冷蔵庫も瓶もなかったので、すぐにワインも酸化してしまうのでワインも同じように飲まれていました。

中世の本にはこれとオリーブオイル、塩、胡椒を直接サラダにふりかけて、手で食べていました。→のんとろっぽの過去のイベント「フランス料理になったイタリア料理」

ほんとうはのんとろっぽイタリア料理だからアグレスト(イタリア版)欲しかったけど手に入らないのでこれで。 シンプルなサラダに使っています。

ふわっと白い花の香りとブドウの果実味がむちゃくちゃオサレなドレッシングになります☆

シェーブルチーズのサラダに使っているから香りを楽しんでね♡

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page