top of page

カプリ島が舞台の映画イル・ポスティーノ

28日(日)はのんとろっぽ日曜俱楽部「旅するイタリア料理vol.2カプリ島」デス!

カプリ島の映画といえば、私の最も好きな映画のひとつ、「イル・ポスティーノ」を思い出します。

音楽もステキよね。何回みたかな。

お話は実在したチリの偉大な詩人、ネルーダがカプリ島に亡命してきたところから始まります。

漁師を継ぎたくなく、島から出ていきたかったマリオはなにかをもとめてネルーダに手紙を届ける郵便配達員(il postino イル・ポスティーノ)になります。

最初はネルーダに見向きもされなかったマリオですが、次第に詩の魅力に取りつかれ、そして居酒屋で働く美しいベアトリーチェのために一生懸命にネルーダに詩を教わり、なんとか自分の気持ちを伝えようとします。

詩を書くために美しいカプリの浜辺を歩き、悩み、やがてベアトリーチェに詩を送ります。


友人になったマリオとネルーダですが、ネルーダのもとに帰国のチャンスが巡ってきます。

ネルーダのいなくなったカプリでいろいろなことに巻き込まれていくマリオ。それでもその中でマリオは自分の詩はこのカプリ島だと発見するのです。

・・・と、ここまで書いたところですでに吉川さんはもう泣いています(爆)弱い。

その青い海と青い空、島の美しさとマリオの心の素直な美しさが一緒になってたまらん映画です。

設定はカプリ島ですが実際の撮影はプローチダ島でかなり行われたようです。

マリオの思い人、ベアトリーチェの働いていた居酒屋は今はLa Locanda del postinoラ・ロカンダ・デル・ポスティーノという名前で実際に営業しています(笑)商売上手(笑)

カンパーニア州らしい揚げ物多め(笑)魚介のセモリナ粉フリットにイカ焼きにレモンのスパゲッティやトマトを使った料理が多いですね~!

これでさっぱりすっきりの白ワインのファランギーナ(ブドウの品種)や南イタリア特産品種のアリアニコの赤ワインでのんべんだらりとしたいな~。

ぜひぜひみなさま28日(日)はのんとろっぽ日曜俱楽部「旅するイタリア料理vol.2カプリ島」にいらっしゃってくださいね。

プローチダ島の料理も出します!

ご予約お待ちしております。

03-5313-3339

または「旅するイタリア料理vol.2カプリ島」のページからもご予約できます。

閲覧数:0回0件のコメント

Comentarios


bottom of page